相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.10.25 09:00 |カテゴリ:中国コメント(0)

    【習近平訪英】英王子ら退屈&居眠り? 習近平氏の演説を英紙が「ぶざま」と辛口評論


    e7174863.jpg

    1:2015/10/24(土)17:19:54 ID:
    >英王子ら退屈&居眠り? 習近平氏の演説を英紙が「ぶざま」と辛口評論

     【ロンドン=内藤泰朗】
    中国の習近平国家主席は23日、4日間に及ぶ英国の公式訪問の日程を無事終えて帰国した。
    習氏は訪英中、上下両院や公式晩餐会、金融センター・シティなどで演説を行った。だが、演説を称賛する報道は、
    英国では見当たらない。
    反対に、演説中に出席者が居眠りをしているかのような屈辱的な写真が掲載され、「ぶざまな瞬間だ」「強さをひけらかした」など、
    辛口の論評が目立った。

    (後略)

    2015.10.24 12:54更新
    【習近平訪英】
    英王子ら退屈&居眠り? 習近平氏の演説を英紙が「ぶざま」と辛口評論
    http://www.sankei.com/world/news/151024/wor1510240035-n1.html
    産経新聞

    参考記事
    習主席訪問:中国、英と相思相愛 米とのすれ違い挽回
    http://mainichi.jp/select/news/20151024k0000m030101000c.html
    毎日新聞 2015年10月23日 21時58分(最終更新 10月23日 23時26分)

    関連する記事





    2:2015/10/24(土)17:20:54 ID:
    アイヤー
    4:2015/10/24(土)17:34:40 ID:
    宮中晩餐会でも日本の悪口三昧だったんでしょ
    そんな礼儀知らずの田舎成金の話など聞きたくないよね
    11:2015/10/24(土)17:43:06 ID:
    >>4
    にも関わらずそういう相手を国賓として招いてる時点で
    国体にも施政にもいろいろ矛盾と摩擦が露呈してて、イギリスそのものへの評価を損なってる
    例えイギリス国民が正しくとも、国としては非道で貪欲な行動を取り続けることは確定という証明なわけだし
    29:2015/10/24(土)23:04:02 ID:
    >>4

    欧州じゃ国家儀礼としてありえない振る舞いだったんじゃないの?
    クネもいいつけ行脚やってたけど
    6:2015/10/24(土)17:39:05 ID:
    ところで、アラブっぽい人は何なの?
    8:2015/10/24(土)17:40:42 ID:
    >習主席訪問:中国、英と相思相愛 米とのすれ違い挽回

    毎日新聞との対比を見るのが通
    15:2015/10/24(土)17:57:22 ID:
    >>8
    通だな

    この産経の記事からイギリスの本音を読み取るってのは無理があるだろうけどもな

    中国人の国民性だと、中国がイギリスを屈服させたと本気で思ってそうだけど
    イギリスは実を取って心の中では舌を出してるだろうな
    9:2015/10/24(土)17:40:42 ID:
    キンペイさんの演説が、よほどツマラナカッタんでしょうね……
    しかし、中国製の原子炉を採用するって、本当に大丈夫ですかね?7兆円の融資も……
    10:2015/10/24(土)17:41:43 ID:
    みんな金の印鑑が貰えると思って来たのに
    貰えなかったから、がっかりしてんだよ。
    巷で無料進呈とか言って老人集めて羽布団とか
    浄水器とか売る集会に参加するノリで集まったのでは?
    12:2015/10/24(土)17:43:30 ID:
    この絵面は、イヤホンからの音声に耳を傾けてるようにも見える
    ただ、表情から察するに、歓迎の意はまるで見えない

    あと、やはりアラブっぽい服装の人が気になる(笑)
    13:2015/10/24(土)17:53:25 ID:
    習は中国が発明した新民主主義すなわち
    独裁専制民主労働主義について話してるんだろ?
    イギリス人『はあ?』
    中国から見たら、国王とか貴族なんてのは
    ブルジョアの権化だろ?
    打倒されるべき闘争相手だろ?
    王国は中国が踏み入れられる場所じゃない。
    14:2015/10/24(土)17:55:40 ID:
    集金平は口紅塗ってるのか?
    何かオカマっぽい
    16:2015/10/24(土)18:13:13 ID:
    ホスト側なんだから、あんまり悪口言うべきじゃないだろうに。
    これはこれでヘンな国だな、イギリス。
    17:2015/10/24(土)18:13:23 ID:
    中国のカネに頼らないといけないぐらい落ちぶれたからせめてもの反抗なんだろうな
    外交上手とかイギリスらしいって意見もあるけど、いつもならもっと分かり難い嫌味を言うだろ
    イギリスも本当に色々と劣化してる証拠だと思うよ
    これでも欧州の他の国よりはまだアテに出来るってのが悲しい所だけど
    18:2015/10/24(土)18:31:51 ID:
    一方日本のマスゴミはどう報じたのか
    19:2015/10/24(土)18:34:41 ID:
    >>18
    NHKは見てないけど、中国では画面が黒くなったってな
    毎日新聞は>>1にある通り好意的な報道
    20:2015/10/24(土)18:36:34 ID:
    ちゃんと見てなくて小耳に挟んだ雰囲気だと
    NHKは英中黄金時代の幕開け!素晴らしい!って勢いだったな
    22:2015/10/24(土)18:40:47 ID:
    >>19
    >>20
    あぁもうやだやだ・・・
    25:2015/10/24(土)19:00:01 ID:
    >>20
    ぐはぁ
    それで画面黒塗りされてちゃどうしようもないな
    33:2015/10/25(日)03:50:56 ID:
    >>19
    >>20
    さすが、マスゴミw
    21:2015/10/24(土)18:37:44 ID:
    植民地から、しゃぶれるものはしゃぶりつくせ・・・・
    26:2015/10/24(土)19:00:47 ID:
    >>21
    さっきからあっちこっちで変なレスしてるが、
    どちらが植民地なの?
    23:2015/10/24(土)18:43:41 ID:
    労働者の代表が自国民を金の亡者にしたあげく奴隷まで作って
    さらに敵対する資本家のパーティにいそいそとお出かけして投資話してんだぜ
    よく他国の共産主義者が裏切り者扱いしないもんだ

    端っからしないと思ってたけどね
    ダブスタが基本スキルのような連中ばかりだしw
    24:2015/10/24(土)18:48:50 ID:
    >>23
    たしかに共産主義者こそ中共の振る舞いにはぶちギレていいはずなのにな
    言われてみればそうだわ
    27:2015/10/24(土)19:09:20 ID:
    ケイトとアンドリューの嫁は中国に敬意を表しての赤いドレスか?
    28:2015/10/24(土)22:00:40 ID:
    金だけおいてってことだなw
    30:2015/10/24(土)23:12:03 ID:
    >>28
    (`ハ´)「キムを大勢送り込むアル!」
    31:2015/10/25(日)03:03:36 ID:
    この習、鳩と競えるレベルなんかな? 
    35:2015/10/25(日)07:43:18 ID:
    >>31
    鳩とタメを張れるのは、ノムタンぐらい。
    32:2015/10/25(日)03:45:01 ID:
    ( `ハ´)ニホンガー
    34:2015/10/25(日)07:42:14 ID:
    英国王室ナイス(w
    36:2015/10/25(日)08:49:11 ID:
    中国がつまらないかorおもしろいかと言ったら、つまらないに決まってる。
    日本のラグビーのように熱狂させることもなく、国賓とはいえ場をなごませる努力もしない。
    そりゃ王室もつまらない顔になるわさ。


    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。