相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2015.11.06 12:58 |カテゴリ:科学・宇宙コメント(0)

【新素材】東京大学が薄くても鋼のように丈夫なガラスを開発


54f08c43.jpg

1:2015/11/05(木)17:57:40 ID:
GIZMODO

東京大学の研究者たちが、鋼のように丈夫なガラスを開発したと発表しました。

本当にそんなに強度の高いガラスが作れたのだとしたら、きっとこれから全ての建物や乗り物の窓には、必ずそのガラスが採用されるようになるでしょう。
それどころか、タブレットやコンピューター、スマートフォンなどの電子機器のスクリーンとしても最適です。
開発したのは東京大学生産技術研究所の研究チームで、10月の前半にNatureの電子ジャーナル「Scientific Reports」(http://www.nature.com/articles/srep15233)に開発の内容が掲載されました。

「5年以内にこの技術が製品化につながると見込んでいる」と東京大学助教授の増野敦信氏は朝日新聞(http://ajw.asahi.com/article/sci_tech/technology/AJ201510290034)に語っています。

実はこの丈夫なガラスの秘密は材料にあります。それが、アルミナ、いわゆる酸化アルミニウムです。
これを酸化タンタルと混ぜることで、ガラスの強度が高くなります。
ただ苦労したのが、多量のアルミナをふくんだガラスを合成しようとしても、容器に触れてすぐに結晶化してしまい、なかなかうまくいきませんでした。

そこで、研究チームはガラスの形成方法を変え、容器を使わない無容器法を用いることにします。これは、ガスを使って空中に浮いた状態で合成させる方法です。
その結果として、無色透明のアルミナと酸化タンタルのみから作られたガラスの合成に成功しました。

(後略)


全文は「ニコニコニュース」の「東京大学が薄くても鋼のように丈夫なガラスを開発」で
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1876679?news_ref=top_latest

関連する記事





2:2015/11/05(木)18:02:12 ID:
>タンタル
レアアースか・・・中国に揚げ足捕られない?
大丈夫な体制もセットでつくっておかないと
3:2015/11/05(木)18:17:48 ID:
ソウル大・北京大「ウチと共同研究すべきニダ(アル)!」
4:2015/11/05(木)18:22:00 ID:
タンタルはわりと豊富に採れる
鉄砲の弾に鉛の代わりとして使おうって話があったくらい
5:2015/11/05(木)18:39:01 ID:
東大か?すでに解が海外流出済みだね。
6:2015/11/05(木)18:40:55 ID:
これは日本の企業がきちんと抑えとけよ
7:2015/11/05(木)20:04:01 ID:
これで装甲車作れますのん?
8:2015/11/05(木)22:42:45 ID:
薄くても

でハゲ話題かと思ったのに
9:2015/11/05(木)22:47:08 ID:
僕のスマホのドラゴントレイルよりつおいの?
10:2015/11/05(木)22:51:54 ID:
最新のゴリラより強いの?
11:2015/11/05(木)23:04:34 ID:
ハロー!コンピューター!
スコッティーの言ってたあれが実現したのか!
12:2015/11/05(木)23:07:06 ID:
> 東京大学助教授の増野敦信氏は朝日新聞に語っています。

朝日新聞かー
先日トルマリン記事でやらかしてるからなあ
13:2015/11/06(金)11:48:42 ID:
無重力の宇宙空間で作るのが良いのかな
14:2015/11/06(金)12:28:32 ID:
タンタル使ってるのが不安だが、まあ期待しよう
15:2015/11/06(金)12:44:47 ID:
凶器になってしまうとは考えが及ばない東京大学、航空機なんてヤバすぎるだろに


アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL