相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.11.08 10:53 |カテゴリ:科学・宇宙コメント(0)

    【話題】現実のものとなったSF映画のガジェット9選


    eb345bff.jpg

    1:2015/11/07(土)22:40:23 ID:
    SF映画には現代とは異なる、空想上の未来の世界観やガジェットが登場します。
    奇想天外で到底実現できそうにないものもありますが、中には近い将来開発されそうなものや、
    今では一般的になっているものもあるんです。

    そこで今回は、HLNtv.comがピックアップした、SF映画がまるで予知していたかのような
    「現実のものとなったSF映画のガジェット9選」をご紹介します。

    ■『2001年宇宙の旅 』
    https://youtu.be/lfF0vxKZRhc
    実は「食べ物の話」だという説もある、1968年公開の本作には、タブレットらしきものが登場します。
    これは、2010年にiPadとして現実のものとなりました。

    ■『ブレードランナー』
    https://youtu.be/KPcZHjKJBnE
    1982年に公開の本作の冒頭に登場するデジタルビルボードだらけの街並み。
    当時はありませんでしたが、現在の現実世界では一般的な光景です。

    ■『スタートレックIII ミスター・スポックを探せ! 』
    https://youtu.be/4wzG1u4zStM
    1984年の映画に登場するコミュニケーターは、一時期流行したパカパカ携帯として現実になりました。
     
    ■『ターミネーター』
    1984年に公開された本作からインスピレーションを得て、コンバット用ドローンが作られたそうです。
     
    ■『ときめきサイエンス』
    1985年の本作に登場しているのは、今でいうところの3Dプリンター。『ときめきサイエンス』では人間を作っていましたが、現実世界でも義肢が作成されているなど、近いことが可能となっています。
     
    ■『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』
    本作で未来の子供達がつけているメガネ式端末は、Google Glassの先駆けと言えるのではないでしょうか? また、友人や家族間でビデオコミュニケーションが使われていましたが、これは現在では日常的に使われているSkypeやFaceTimeと同じです。
     
    ■『ディック・トレイシー』
    1990年の本作のメインキャラは腕時計型のラジオをつけていますが、2015年のリアルな世界では、フィクションのラジオよりも高性能なスマートウォッチが販売されています。
     
    ■『スペースファミリー/ジェットソンズ』
    1990年に公開された本作の世界観のほぼ全てが、現在の現実とはかけ離れていますが(空飛ぶ車はまだ先ですよね......)、ロボット掃除機は今や一般的! ルンバに限らず、いくつものブランドがロボット掃除機を販売しています。
     
    ■『マイノリティ・リポート
    2002年に公開されたトム・クルーズのSF映画にはジェスチャーをベースとするユーザーインターフェース、ジェットパック、無人走行技術搭載の車といったものが登場しますが、こういったものは現在では現実のものとなっています。
     

    『Timeマガジン』によると、携帯電話の開発者であるマーティン・クーパー氏は、
    実際に本作からインスピレーションを得たそうです。

    続き livedoor news/2015年11月6日 21時0分 コタク・ジャパン
    http://news.livedoor.com/topics/article/detail/10800734/

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 31◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445165737/728








    2:2015/11/08(日)01:34:51 ID:
    Wikipediaに Martin Cooper の日本語ページはなかった
    3:2015/11/08(日)01:48:02 ID:
    ウルトラ7の腕時計型通信機(´・ω・`)
    4:2015/11/08(日)03:41:38 ID:
    四つくれ
    5:2015/11/08(日)06:43:48 ID:
    こんなの有ったらいいな、ってのを画才のある人に描かせておけば良いんだな。
    そしたら、後世の誰かがそれを目指して作るようになるから。

    アトムはいつになるかな。
    6:2015/11/08(日)07:11:56 ID:
    >>5
    原子炉にAIを搭載

    原子炉を小型化

    原子炉を自立歩行化



    まだまだ先は長い
    8:2015/11/08(日)07:41:36 ID:
    >>6
    自爆装置設置
    7:2015/11/08(日)07:12:49 ID:
    スタートレックのコミュニケーターはテレビシリーズからあっただろ
    何ゆえIIIなのだろう
    9:2015/11/08(日)08:50:53 ID:
    昔のSFでテレビ電話は鉄板だったけど
    “テレビ電話機能を持つ携帯電話”を“一人1台持つ”
    とまで予測したものは無かったんじゃないかな。
    電話に関しては昔のSFよりずっと先の未来が実現してると思う。
    10:2015/11/08(日)09:23:38 ID:
    パカパカ携帯って初めて聞いたけど流行ってたのか。

    通信環境は昔の基準で見ると夢みたいなものになってきたよな。
    テレビみたいな一斉配信ではなくて個別に無線で動画を送れるとか。


    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。