相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2016.03.21 22:54 |カテゴリ:海外コメント(0)

    【航空】ステルスはもう古い? 飛行機は「極超音速の時代」へ


    28ed5d72.jpg

    1:2016/03/21(月)13:45:30 ID:
    ステルスはもう古い? 飛行機は「極超音速の時代」へ
    2016.03.21 関 賢太郎(航空軍事評論家)

    (略)

    「ステルスの時代」はもう古い?
     アメリカでは現在、ハイパーソニックを実現するいくつかのプロジェクトが進行しており、
    すでに2004(平成16)年にはX-43「ハイパーX」が無人機ながらマッハ9.6(およそ11265km/h)を達成しています。

     また、2020~30年頃の実用化を目指すロッキード・マーチンSR-72
    「ブラックバードの息子」など、ハイパーソニック機やミサイルが開発中です。
    それらは炭素繊維複合材やセラミックといった、従来の金属よりも耐熱性に優れた素材を高熱部に用い、
    さらにハイパーソニック域での燃焼効率を追求し開発された「スクラムジェットエンジン」によって推進力を得ます。

     レーダーに映らない「ステルス」は既存技術であり、“ステルス破り”の研究もいま、着実に進んでいます。
    そうしたなかアメリカでは「ステルスの時代」を経て、再び「スピードで振り切る時代」
    が到来するであろうと予測しているのです。

    以下略 全文 乗りものニュース 全3ページ
    http://trafficnews.jp/post/49614/


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 40◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1458308273/149

    関連する記事





    7:2016/03/21(月)13:56:29 ID:
    >>1
    バードストライクで墜落しそう。
    2:2016/03/21(月)13:50:56 ID:
    それ、どれだけの高度でやったんだろ?
    相当の高度でないとマッハ9.6なんて出せないと思うのだが。
    3:2016/03/21(月)13:52:27 ID:
    地上ではブラックバードみたいに燃料駄々漏れなんかなw
    4:2016/03/21(月)13:53:26 ID:
    戦闘機は戦闘時には音速よりもずっと遅く飛ぶからステルスの方が良いよね。
    この記事はもっと将来の話だろうけど、こういうのを率先して研究できるのは羨ましい。
    5:2016/03/21(月)13:53:49 ID:
    あー、自分もそう思ってた
    ステルスはレーダーが発達すれば、
    ただ性能の低い戦闘機に過ぎなくなる

    なのでステルスに頼るのは危険が大きい
    無人戦闘機での極超音速は有力な選択肢でしょう
    6:2016/03/21(月)13:54:56 ID:
    よりステルス性の高い方が探知されにくい以上レーダーが発達してもステルスは有効じゃないの
    10:2016/03/21(月)14:09:25 ID:
    >>6
    今ではステルス機を見つけられるレーダーはあるが
    それは最先端の国しか持っていないし
    それに地上設置のでかいものだけで、戦闘機に搭載はできないんだよな。
    だから当分はステルスが有効。
    8:2016/03/21(月)13:57:16 ID:
    ていうかコイツ関 賢太郎じゃねーか
    どうりで
    9:2016/03/21(月)14:04:16 ID:
    V-MAXの時代キタコレ
    11:2016/03/21(月)14:12:39 ID:
    まぁ今の戦争の殆どが強国が三流国をボコる感じやしな・・・
    16:2016/03/21(月)14:59:20 ID:
    >>11
    しかし米帝はそれを実現するためにB-52を使ってるわけで、
    ハイパーソニックなんてコストのかかりそうな努力は中進国以上相手でなければやらないんじゃないかね。
    12:2016/03/21(月)14:15:26 ID:
    ステルスは有効だが、もう基本的な装備であり
    これに頼りすぎるのは危険でしょうね

    やはり次世代機は、無人戦闘機での極超音速が基本コンセプト
    13:2016/03/21(月)14:18:51 ID:
    敵にスクランブルの指令が出てから実際に飛び立つまでの間に、目標地点まで到達してしまえばこっちの勝ちだしな
    14:2016/03/21(月)14:53:21 ID:
    こういうの無人機だと、それロケットとなにが違うのかと疑問に思う。
    15:2016/03/21(月)14:57:10 ID:
    >>14
    燃料が違うんじゃね(
    17:2016/03/21(月)15:06:46 ID:
    22世紀が来てもB52とA10サイコー(・∀・)
    18:2016/03/21(月)15:13:41 ID:
    要はより一方的に攻撃できればいいんでしょ?

    じゃ、大気圏外から精密攻撃できれ良いわけだ
    衛星からの攻撃ってまだ無理なん?

    ま、あとは相手国に9条もたせるか
    20:2016/03/21(月)15:21:34 ID:
    >>18
    条約上無理だと思う。

    抜け道としてその都度上がって再突入する事だと思うので、
    やっぱ今回のようなスクラムジェット爆撃機になるんじゃないか。
    超高高度を飛ぶと迎撃ミサイルが発射されてから対応時間に余裕があるので、
    迎撃が極めて困難になる。
    19:2016/03/21(月)15:17:15 ID:
    俺じゃなきゃ見逃しちゃうね
    21:2016/03/21(月)15:30:10 ID:
    そういうことか、なるほど。
    22:2016/03/21(月)15:33:32 ID:
    爆撃機なのか戦闘機なのか
    そんな速さで飛んで、こちらの攻撃は的に当たるのかな

    単にロックオンされてから振り切れる能力?
    23:2016/03/21(月)15:57:18 ID:
    昔、ナチスドイツが開発したロケットエンジンの飛行機を連想させる。
    速すぎてまともに撃ち合いができない。
    すぐ燃料が切れる。
    着地したところを狙われて大損害。
    速けりゃいいというものなのだろうか。
    24:2016/03/21(月)16:08:48 ID:
    >>23
    コメート最狂っす
    25:2016/03/21(月)16:34:19 ID:
    有人機だとGの問題あるの忘れてるよね、この記事
    26:2016/03/21(月)16:45:00 ID:
    超音速の巡航ミサイルと何が違うのさ?
    31:2016/03/21(月)17:58:35 ID:
    >>26
    現時点ですでに開発済みである音速以下の無人戦闘機と巡航ミサイルの違いがそのまま当てはまる。
    27:2016/03/21(月)16:45:13 ID:
    人工知能の技術も進歩しているし高速化ならミサイルの方がより適しているし
    単に速いだけの飛行機じゃ見つかって状況を的確に把握して自動追尾するミサイル一発で終わりの時代になりそうだがな
    29:2016/03/21(月)17:13:59 ID:
    >>27
            /\
          /  ⌒ \   <あいつ捕まえたろ、よっしゃ撒き餌配備完了、なおこのテープは自動的に消滅する
        /  <◎>  \ 
      /            \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | || | | | | |

    こういうやつがくるんやないかな
    28:2016/03/21(月)16:52:09 ID:
    んな戦闘機なんかでチマチマ戦うより、
    本国にコロニーでも落とした方が速くね?
    30:2016/03/21(月)17:57:32 ID:
    超音速で目標圏内に着いて攻撃して超音速で帰還する
    或いは超音速のまま地上攻撃?
    超音速で撃ち出されたらパチンコ玉でも凄い破壊力を持つだろう
    32:2016/03/21(月)18:01:13 ID:
    弾道ミサイル撃ち落せるなら極超音速の飛行機とやらも撃ち落せるんじゃね?
    34:2016/03/21(月)18:14:28 ID:
    >>32
    弾道ミサイルは基本的に上昇時か頂点に達した辺りで撃ち落とすもので
    その場合は速度が遅いから撃ち落とせる。
    最終手段として落下時に撃ち落とすのだけれど
    単一の弾頭ならば軌道が変更しないので撃ち落とせる可能性が高い
    ロシアは落下時に弾頭が軌道変更するのを開発中だったはずだけど
    そういうのができたら撃ち落とせない、あと多弾頭の場合も無理。

    超音速飛行機は完成してるわけではないので、どの程度かわからないけど
    軌道を変更できるはずなので撃ち落とすのは難しいはず
    それに逃げるのを追撃するのも難しくなるはず。
    33:2016/03/21(月)18:05:34 ID:
    全部が全部そういう方向じゃないと思うが
    艦載機には着艦てのがあるしな
    極超音速と離着艦性能の両立とか無理だろ
    35:2016/03/21(月)18:15:14 ID:
    前に科学誌で読んだ時は速過ぎ&熱すぎでマトモに通信も出来ないって書いてあったが
    36:2016/03/21(月)18:27:32 ID:
    おまえらもステルス機能標準装備してるもんな
    37:2016/03/21(月)20:33:58 ID:
    マッハ10の戦闘機や
    1機200億円もするステルス戦闘機F35とかよりも
    マッハ15以上で飛ぶミサイルを開発・大量配備した方が役立つだろうよ。
    日本列島に飛来する敵や敵弾を攻撃する能力向上。
    最強の楯・イージス戦略を基盤に軍備した方が低コストで防衛効果も高いだろう。
    42:2016/03/21(月)22:23:53 ID:
    >>37
    銃・砲であれミサイルであれ撃ち上げるより撃ち降ろす方が有利なので
    同等の技術水準なら地上から撃つ方がコストがかかる。
    38:2016/03/21(月)22:02:51 ID:
    それだけ速度出ると、
    偵察で撮影なりセンサーで捕らえるにしても、流し撮りみたいにしないといけないのかな?
    39:2016/03/21(月)22:12:07 ID:
    日本も超音速の対艦ミサイルを開発しているようだし。
    40:2016/03/21(月)22:13:00 ID:
    ドップみたいなイカレタスピードの戦闘機でるのかな
    41:2016/03/21(月)22:18:04 ID:
    Mig-31ファイャーホックスみたいな戦闘機が実現するのか!
    43:2016/03/21(月)22:37:09 ID:
    一方、わが国はミノフスキー粒子を研究・・・・してたらいいな。


    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。