相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2017.04.17 22:48 |カテゴリ:国内コメント(0)

    【社会】“たばこの次はアルコールが標的” 呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも [04/17]


    51cd2f15.jpg

    1:2017/04/17(月) 12:53:20.33 ID:
    ★呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも
    2017.04.17 07:00

    「タバコの次は飲酒規制だ」──厚労省内部からそんな声が聞こえてきた。
    同省は飲食店や公共の場所での喫煙を全面禁止する受動喫煙防止法案
    (健康増進法改正案原案)を3月にまとめ、今国会での成立を目指している。
    打撃を受ける飲食店や旅館業は反対を訴えているが、厚労省は「屋内全面
    禁煙は東京五輪に向けた国際公約」として押し切る構えを崩していない。

    その次に狙っているのが酒の販売から飲酒まで制限するアルコール規制なのだ。
    日本は世界的に見ても酒の規制が極めて少ない“呑んべぇ天国”だが、
    「まさか日本に禁酒法の時代が来るわけがない」とタカをくくって花見酒に
    浮かれていると痛い目を見る。

    国民が例年より遅い桜の開花を待ちわびていた4月1日、厚労省に「アルコール
    健康障害対策推進室」という部署が新設された。国際的に広がるアルコール
    規制を日本でも推進するためだ。

    タバコ規制と並んでアルコール規制は世界的な流れ。喫煙禁止の動きが急速に
    強まったのは、2003年のWHO(国際保健機関)総会で採択された「たばこ規制
    枠組条約」がきっかけだったが、アルコールについてもWHOは「世界で毎年約330
    万人が死亡している」として2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための
    世界戦略」を採択した。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170417_510901.html

    その中で各国が取り組む酒害対策の例として「酒の安売り禁止」「飲食店での
    飲み放題禁止」「酒類の広告規制」などをあげ、酒の値段の引き上げ(酒税
    の税率アップ)、公共の場所での販売規制などが推奨されている。

    すでに世界では欧米はじめ、シンガポール、インド、タイなどアジア諸国にも規制の
    動きが急速に広がっている。日本も2013年に「アルコール健康障害対策基本法」
    を制定し、アルコール健康障害対策基本計画をまとめた。これは依存症対策などが
    中心だが、政府はそれに関連して昨年5月に改正酒税法を成立させ、ディスカウント
    店などの酒の「過剰な安売り」の規制に乗り出した。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170417_510901.html?PAGE=2

    関連する記事





    2:2017/04/17(月) 13:20:41.66 ID:
    これで浮いたアルコールは次世代ガソリンに加工されるのだろうか?
    それとも宇宙開発のためのミサイルの燃料に?使われるのだろうか?

    固形燃料に可能されれば北朝鮮を壊滅出来るほどの燃料になりそうだ!!・・・・
    お笑いだが!!
    3:2017/04/17(月) 13:33:24.18 ID:
    肝硬変の恐ろしさを知らないアル中
    4:2017/04/17(月) 13:42:41.25 ID:
    アル中・ヒステリー程恐ろしい物はないよ
    5:2017/04/17(月) 14:26:10.07 ID:
    子供の目にタバコの先ガーみたいな歩行喫煙の規制から始めたからいびつなんだよな
    6:2017/04/17(月) 14:31:51.29 ID:
    アルコール濃度に応じた課税にすりゃいいだけ
    7:2017/04/17(月) 15:10:54.29 ID:
    「飲み放題」の結果は、「ゲロ吐き」に決まってるだろが。
    こんなの禁止が当然だ!!!
    8:2017/04/17(月) 16:22:33.88 ID:
    次は炭水化物だな
    9:2017/04/17(月) 17:00:44.06 ID:
    XX円で飲み放題とかXX円で食べ放題を禁止するならむしろ賛成に回りたい
    ほどだが。
    アルコール摂取そのものの制限となると、どうなんだろという感じ。

    アルコールが好きで尚且つ大っぴらに嫌煙を標榜してた奴らはせいぜい
    後悔しとけや。
    大っぴらに嫌煙を標榜しないまでも、アルコール好きの非喫煙者で尚且つ
    喫煙者を擁護しなかった連中も後悔しろ。

    デカい声を上げさえすれば自分の気に食わないものは排除できると思って
    いる人間をつけあがらせた結果だ。
    10:2017/04/17(月) 20:18:02.14 ID:
    過度の飲酒は有害に違いないけどね。ただ、価値観の押し付けをやり過ぎるのもどうなんだ。俺個人の価値観を言わせてもらえば、ラップとか現代美術とかは「退廃の極み」なので「放送することはおろか、演奏や展示を禁止すべき」
    だと思うけどなw ほとんどの人間は良識のある選択をすると考えるべきだろ。
    11:2017/04/17(月) 20:33:06.58 ID:
    仕事をしている人からすれば、
    昼から酒を飲んでいる桜の花見はかなり迷惑。

    公共の場での喫煙が禁止なら、
    公共の場での飲酒も禁止すべきだろ。

       
    12:2017/04/17(月) 20:59:26.24 ID:
    飲酒運転を無くすためにアルコールを違法薬物認定すれば良いのに。
    13:2017/04/17(月) 21:00:47.49 ID:
    何のためにアルコール分解酵素もってるとおもとるねん
    14:2017/04/17(月) 21:22:45.51 ID:
    タバコは本人だけでなく他人の健康を害する。
    酒は本人の問題。
    レベル違いすぎるだろ。


    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。