相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.02.06 23:44 |カテゴリ:国内コメント(0)

    【ISIL】自由から逃走する若者たち 誤解に満ちた日本での議論 池内恵氏 [H27/2/6]



    1:2015/02/06(金)01:59:32 ID:
    若者はなぜイスラム国を目指すのか…池内恵氏インタビュー

    (略)
    自由から逃走する若者たち

     一方、西欧・米国からのイスラム国への参加者は約2000人とみられているが、このような人々の意識は、
    アラブ諸国から参加している人々とはかなり違う。

     まず、ヨーロッパからの参加者の大部分はイスラム教の国々からの移民・難民の子孫だ。
    イギリス、フランスなど西欧諸国では、ムスリム系の移民とその子孫は人口の十数%程度にまで達しており、
    そのような移民の子弟は、どうしても自らのアイデンティティーの問題に悩みがちだ。イスラム教の国に自らの
    ルーツがある場合、自らのアイデンティティーは生まれ育った西欧にあるのか、それともイスラムにあるのか。
    そうやって迷っているところでイスラム国の人々の主張に触れ、その主張の中に自らのアイデンティティーを
    見出そうとする、ということがしばしば起こる。そういった人々が自らの信仰を確認したくて、いわば、自らの
    アイデンティティーを確立するためにイスラム国に旅立っていく訳だ。

     さらにいえば、これは移民に限らないことだが、近代自由主義の中で生きる人間に固有の問題が現れている
    のだと思う。どういうことかというと、西欧社会では「自分が何をなすべきか」は自由意思に任されている。
    逆に言えば絶対に正しい答えというものはなく、自ら判断しなければならない。そのような自由は時として
    重荷になってしまう。ところが、何か権威あるものに従うことにすれば、自分で決めなくても良い。
    自ら判断する自由を捨ててナチスドイツの台頭を許した人々の心理を分析した社会心理学者、エーリヒ・フロムの
    言葉でいえば、彼らは「自由からの逃走」を図ろうとする。ましてやイスラム教の「神の啓示」は、なすべき
    ことを全部教えてくれる。先進諸国からイスラム国を目指す若者が出ているのは、このような理由があるから
    ではないだろうか。

     日本でも昨年秋、北大を休学中の若者がイスラム国への参加を企てるという事件があったが、
    ここでも同様な心理が働いていたような気がする。かつてオウム真理教に集まった人たちもそうだったと思うが、
    先進自由諸国では、このようにして「自由からの逃走」に走ってしまう人がある程度出るのはどうしても避けがたい。
    そこは冷静に受けとめるべきではないか、という気がしている。

    誤解に満ちた日本での議論

     ただ、ちょっと気がかりなのは、日本では、「イスラム国の伸長は欧米の側に原因がある」といった議論が
    しばしば見受けられることだ。例えば、一部メディアでは、西欧・米国への移民からイスラム国への参加者が
    出るのは「彼らが差別されたり貧困に苦しめられたりしているため」といった解説もなされているようだが、
    これは事実誤認だ。ヨーロッパからイスラム国入りした人々について調べてみると、その多くは欧米社会で
    それなりの学歴を得た、比較的生活水準の高い層から出ている。動機としては、差別や貧困よりも、先に述べた
    「自由からの逃走」が圧倒的に強い。

     「中東混迷の原因は、第1次大戦中の1916年に英仏露が結んだサイクス・ピコ協定にある」といった議論も
    しばしば耳にする。サイクス・ピコ協定とは、中東を支配していたオスマン帝国の領域を分割して自らの勢力圏に
    組み込むために英仏露が結んだ秘密協定で、その時に恣意的に引かれた境界線が今の中東諸国の国境の一つの起源
    になった。これは欧米に非があるという主張の根拠としてしばしば用いられてきた。イスラム国もこの論理を踏襲
    している。しかし今サイクス・ピコ協定を否定してしまえば、極端な話、「オスマン帝国の版図を復活させろ」
    ということになり、トルコ以外の誰も認めないだろうし、中東全域に戦乱が起きてしまう。これはあまりにも
    無責任な議論だ。確かに「反欧米」という議論は日本などでも一般に受け入れられやすいのだが、中東の混乱の
    根本原因は、圧政や抑圧、社会に充満する不正義の感覚といった、イスラム社会が自ら解消しなければならない
    問題だ。欧米悪玉論はそうした実情を覆い隠してしまう。

    >>2

    関連する記事





    2:2015/02/06(金)01:59:37 ID:
    >>1より

     日本の思想界にも問題がある。西洋社会は長年の哲学的議論の末に、中世における「神の優越」を覆し、
    人権や自由を重んじる近代主義を獲得してきた。つまり、絶対的な「神の啓示」と近代自由主義は並び立たず、
    「神の啓示」を認めるのは自由主義を否定することだ、というのは西洋の常識だ。ところが日本の知識人は、
    「神の啓示」と自由主義は両立可能だ、むしろ自由主義が桎梏だ、というような議論を平気で展開している。

     戦前の「近代の超克」といった議論にもみられるように、もともと日本の知識人には、西洋の生んだ自由主義を
    はじめとした近代思想を翻訳され図式化された教科書で学ぶのみで根幹の哲学を理解していないところがある。
    それはいまだに変わっていないようで、安易にイスラム教を擁護してしまう。

     例えば「イスラム教は平和を命じる宗教だ」というのは正しいが、そこで言われているのは、イスラム教徒が
    支配し、イスラム法が施行される秩序の中での平和のことだ。宗教的な自由もないから、仮に日本の仏教教団が
    中東のイスラム教徒が多数派の国に寺院を建てようとしても絶対に不可能だ。日本で当たり前に享受されている
    宗教の自由は中東には存在せず、正しい宗教と劣った宗教の区別が厳然と存在し、それが政治権力によって
    施行されている。その上で「平和」と「寛容」があるという事実を日本の知識人は理解できておらず、日本や欧米の
    限界を超えるユートピアが「イスラム」にあるという主張をポスト・モダン思想が流行したバブル期以来、
    繰り返してきた。その結果として、イスラムの価値規範も知らないまま、単に社会への不満や破壊願望のはけ口
    としてイスラム国に参加しようという人が日本から出てくる可能性はあるだろう。実際にインターネット上では、
    サブカルの「ネタ」のレベルでジハードに共感する人々も出てきている。

     西欧・米国からの参加者が、少なくともイスラムの価値規範を選び取った上でイスラム国に向かっているのと
    比べると、これはいかにも皮相な状況といえる。日本人のイスラム理解の欠落に起因した、勘違いによる事故の
    ような形での参加者が出てこないとも限らないのが心配だ。

    以下略 全文 読売新聞 抜粋箇所は3ページより
    http://www.yomiuri.co.jp/feature/yokoku/20150203-OYT8T50221.html?page_no=1
    http://www.yomiuri.co.jp/feature/yokoku/20150203-OYT8T50221.html?page_no=2
    http://www.yomiuri.co.jp/feature/yokoku/20150203-OYT8T50221.html?page_no=3
    3:2015/02/06(金)02:07:02 ID:
    環境に恵まれないのもいるだろうが
    環境に恵まれない訳ではないにも関わらず、
    参加してしまうのが多いのもイスラムの一側面。
    殺人肯定は断罪されるべき。
    4:2015/02/06(金)02:16:23 ID:
    こういうこと? 
     
     
    「欧米が勝手に国境線を引いた」→「自分たちで引かなっただけ」
    14:2015/02/06(金)09:38:01 ID:
    >>4
    中二を拗らせた馬鹿は死ななければ治らない
    5:2015/02/06(金)02:45:48 ID:
    厨二病を乗り越えられなかった、アホがヒャッハーしたんだろ?
    6:2015/02/06(金)03:59:29 ID:
    自由を求めてアイ汁に行ったら
    規律だらけで
    逃げたら死ぬ、戦闘で役に立たなければ仲間に殺される
    だけの閉鎖空間ですた
    というオチ
    7:2015/02/06(金)03:59:45 ID:
    時代や現実から取り残されたサヨク思想の持ち主が海外逃亡して暴れてるだけだろ
    馬鹿サヨはよど号事件起こした時から何ひとつ進歩してないな
    8:2015/02/06(金)07:50:45 ID:
    イスラム国への参加は逃避であり理性と主体性によるものではない、
    そのような価値観はあるわけないし、あってはならない、
    と多様性を拒むファシズムを振りかざしつつどや顔で自由について語るやつ。
    9:2015/02/06(金)07:53:44 ID:
    >>8
    ファシズムw
    流行ってんの?
    11:2015/02/06(金)08:27:13 ID:
    >>8
    そんな価値観はあるわけないとか言って自分から多様性を拒む低脳ブサヨの鑑
    15:2015/02/06(金)09:55:03 ID:
    >>8
    社会あっての自由、ヒャッハー=自由は厨二思考よ
    16:2015/02/06(金)09:57:46 ID:
    >>8
    もひとつ
    イスラム教以外を認めないISILもファシストと言うのですね、あなたは
    17:2015/02/06(金)10:03:10 ID:
    >>16
    ISIL「俺ら以外がサッカーを見ることを禁じる、見たら射殺だ」
    10:2015/02/06(金)07:57:35 ID:
    エーリッヒ・フロムか
    世の中には権威と独裁を求める人がいる
    12:2015/02/06(金)08:45:53 ID:
    日本に住んでて、今までイスラムに接点無いのに参加したいなんてのはごくまれだし、群衆化して精神分析なんて無意味な気がする
    それより朝日新聞みたいなのを含めて、問答無用でどうやって止めるべきなのか、考えて欲しい
    日本人でも制止困難なのに、在日とか誰が管理するんだ?人質になったら対応するのは韓国政府?
    13:2015/02/06(金)09:32:03 ID:
    まとめとして読むと良い内容だな、長いけど頑張って読むこと推薦
    記事タイトルの付け方はちょっと違うンじゃないかなという感想
    18:2015/02/06(金)10:22:27 ID:
    ギャングの不思議と似てる
    一般的な社会ルールを守りたくなくて徒党を組んで
    社会ルール以上の厳しいギャングルールに従う
    19:2015/02/06(金)12:32:05 ID:
    移民問題は人々の意識の問題だよ。

    移民「俺たちは俺たちの宗教のやり方や習慣を変えるつもりはない。ただし、法律には従うから、宜しくな」
    移民「俺たちは差別されている。これは法律が悪い。俺たちの人権を守れ」
    移民「祖国と戦争など反対だ。どうしてもというなら、俺たちが実力でお前たちを止める」
    こんな連中は出て行けと言われる。

    日系人「我々は、この国では余所者だ。現地の人々と同じ習慣を身に付け、価値観を共有しよう」
    日系人「我々が差別されるのは、我々の努力が足りないのだ」
    日系人「我々の祖国はこの国であり、日本ではない。日本と戦争しろというなら、真っ先に突撃してみせよう!」
    20:2015/02/06(金)15:28:24 ID:
    外国人はこわいなあ
    在日で懲りましたわ




    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。