相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2015.03.27 14:47 |カテゴリ:国内コメント(0)

【学校】PTA最大のタブー!"強制加入"という闇[2015/03/27]




1:2015/03/27(金)12:16:47 ID:
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
PTA最大のタブー!"強制加入"という闇
大塚 玲子:編集者、ライター

 子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題がつきまといます。
いったいPTAとどうかかわるべきか? 『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が迫ります。
PTAは任意加入の団体ですが、多くの場合、強制加入になっているのが実態です。そしてこの話はPTAの現場(特に古い体質の)においては、タブーのように扱われているところがあります。

筆者はこれまでさまざまなPTA経験者に取材をしてきましたが、それまでずっとニコニコとお話していた方が、私が「任意かにゅ…」という言葉を口にした途端、急におっかない表情に変わる、という経験を何度かしました。
そのため、この話は軽々しく口にしないよう気をつけてきたのですが。

でも、PTAが任意加入団体なのはもちろん筆者の所業ではなく、もともとそうなのです。

団体が強制加入の権限をもつためには法的な根拠が必要ですが、PTAにはそれがありません。
ですから、PTAが任意加入団体である事実は否定しようがないのです。(詳しく知りたい方は、拙著『PTAをけっこうラクにたのしくする本』に掲載された、憲法学者・木村草太さんの解説をご参照ください)

“強制加入”が引き起こすさまざまな問題
現状を考えると口にしづらくなりますが、でもやはりこれからは、PTAが任意加入団体であることを、もっと共通認識にしていく必要があると思います。
いまPTAで起きているさまざまな問題を掘り下げていくと、どうしても、強制加入の問題にぶつかってしまうからです。

以下に、「これは強制加入じゃなければ起こり得ないのでは」と筆者が感じた3つの主な問題を紹介します。

その1 学校への寄付でもめる
日本のPTAでは昔から、学校への寄付(PTA予算から学校の備品や設備にお金を出すこと)が一般的に行われてきました。
ですが、この寄付については賛否両論があり、地域やPTAによって、寄付を行うところと行わないところがあります(PTAが学校に寄付を行うことそのものの是非については長くなるためここでは割愛します)。

そのため、寄付を行っているPTAでも反対の声が上がるのを恐れ、何にいくら使っているのかはっきり明かさない場合があります。
また、寄付に反対する人たちが納めたPTA会費も、その人たちの意に反して寄付に使われてしまいます。

寄付をやめる、というのもひとつの解決方法ですが、もし寄付を続けるのであれば、初めから寄付を行うことを前提に加入者を募る(任意加入にする)のがベストではないでしょうか。

たとえば、米国に住む筆者の友人が加入するPTSA(Parent-teacher-student-association)では、年度初めに「今年はこういう活動をして、こういう備品を学校に贈る予定です」と公表したうえで加入者を募集するそうです。
これなら寄付に反対の人は加入しませんから、寄付の是非についてモメることはありません。

寄付の話に限りませんが、日本のPTAも「今年度はこういう活動をします」と提示したうえで加入者を募る(任意加入にする)ほうが、身動きをとりやくなると思います。
活動内容への賛否を問うことなく強制加入させてしまうから、反対の声が上がるのを恐れて、去年と違う活動をしづらくなる部分もあるのではないでしょうか。




2:2015/03/27(金)12:17:03 ID:
その2 個人的な事情を人に明かさなければならない
保護者のなかには、いろんな事情を抱えた人がいます。見た目ではわかりませんが、PTA活動に参加する余裕がない、あるいはPTA会費を払う余裕がない家庭の人だって、確実に存在します。

そういった人がPTA活動への参加を断ろうとする場合、現状では、どうしても「個人的な事情」を役員さんなどに明かさなければなりません。

「じつは病気を患っています」「夫が寝たきりです」「食費も足りないぎりぎりの生活をしています」等々。
もし自分がその立場だと想像したら、「親しくもない人に、そんなこと言いたくない」と思いませんか? わたしなら言いたくないな、と思います。

なかにはその理由を他人に言いたくないがために、PTA活動に参加できないことを言い出せず、悩みを深めていく人もいます。
たとえば筆者の知り合いの奥さんは、うつであることを周囲に明かせず、PTAや自治会の仕事を断ることができないまま亡くなってしまったそうです。

また先日は、このようなブログ記事も話題になりました。「PTAが母子家庭の私に癌の診断書を提出しないと役員免除はさせないと言う」(斗比主閲子の姑日記)。
タイトルどおりの実話(元は「発言小町」の投稿)ですが、なかにはこんなひどいケースもあるのです。

これもやはり、強制加入であるために起こる問題でしょう。PTAが任意加入であれば、やめたい人は事情など明かさずやめられるし(役員を断るときも同様です)、そもそも最初からPTAに加入しないことだってできます。

その3 やらされ感がすごい
PTA活動が嫌われる原因はいろいろとありますが、そもそもみんな「やりたいかどうか聞かれていない」というところも大きいでしょう。

入会意思を確認されないまま、子どもの入学とともにPTAに自動入会しているのですから、「やらされ感」を抱くのはある意味当然です。

たとえば、もしあなたが有無を言わさず「釣り」のサークルに加入させられたとしたら、楽しめるでしょうか?(釣り好きな方は、何かほかの、いまひとつ興味がわかないサークルを想像してみてください) 

ほとんどの人はげっそりするか、少なくともあまり楽しめないのではないでしょうか。なんでもそうですが、やはり「自分が選んだ」という要素がないものごとは、楽しみづらいと思うのです。

大まかにあげると、ざっとこんなところでしょうか。またここでは詳しく触れませんが、「PTAを退会しようとして嫌な目にあった」という人も少なからずいます。これは強制加入に伴う最も直接的な弊害でしょう。

なお現在、熊本県のPTAでは強制加入をめぐって裁判も行われています。
(以下略)
詳細のソース
http://toyokeizai.net/articles/-/64275
3:2015/03/27(金)12:28:54 ID:
加入してない家庭の子供を、イベントやプレゼント贈呈から排除していいのかってのは問題だよな。

謝恩会とか卒業アルバムとかPTA主催のところもあったりするだろうし。
8:2015/03/27(金)12:41:36 ID:
>>3
外国ならイベントに「君の親はPTAに加入していないから参加できないよ。」となるが
日本だとまたこうなったらなったで”詳細のソースttp://toyokeizai.net”が
可愛そうだの、大人としてどうだの、子ども権利ガー平等ガーがと説教するだろ
だから最初から全員加入なのに
係ですらやらない親は断固拒否、イベントも子供のみ参加させる。金くらい気持ちよく払えっつうの
9:2015/03/27(金)12:51:59 ID:
>>8

PTA主催のイベントって例えば何?
11:2015/03/27(金)12:57:31 ID:
>>9
うちの方は球技大会が多かった。あと夏祭り
15:2015/03/27(金)13:09:32 ID:
>>11
> うちの方は球技大会が多かった。あと夏祭り
そういうのは全員加入で会費が集まるからやろうという手段と目的が逆転している気がする。

任意加入になったらイベントや寄付への考え方も変わっていくんじゃないかね。

10:2015/03/27(金)12:52:49 ID:
>>8
加入してないから参加できない、
なんでこれがダメなんだろうね。
任意加入なら平等にしなきゃいけないってこともないような。
12:2015/03/27(金)13:05:16 ID:
>>10
来るものは拒まずで会長が受け入れる姿勢だったから受け入れてただけだけど
なんとなく「これ違うよね」の声は途切れなかった。
17:2015/03/27(金)13:10:56 ID:
>>12
銭は出さない、役員はやらないで参加するとなると、
そりゃ人としてどうなのとなるのは当たり前だと思う。
任意加入なのだからオプションだもんね。
21:2015/03/27(金)13:15:26 ID:
>>8
学校単位で行うイベントを、本来は任意加入のPTAが主催してる時点でおかしいんだよなぁ…
23:2015/03/27(金)13:17:15 ID:
>>21
会費制のイベントにして何が問題なのかと思うわ
4:2015/03/27(金)12:31:42 ID:
まあNHKみたいなもんか
5:2015/03/27(金)12:32:51 ID:
にゅ...
6:2015/03/27(金)12:34:19 ID:
横文字の組織名がまず気に食わん
ブサヨチョンの悪行が明瞭になった今の時代
もはやモンペの圧力組織以外のモノには見えない
16:2015/03/27(金)13:10:25 ID:
>>6
横文字なのは仕方ないよ
GHQのマッカーサー元帥が、こんなの作るといいじゃんと言ったのを
当時の文部バカ官僚がガイドにして出来ちゃったのがPTAだもん。
7:2015/03/27(金)12:39:07 ID:
自分だけ拒否するとなると、
結局他の人にしわ寄せがいくことになるからなかなか難しい。
でも偉い人や偉くなりたい人がモデル事業的な面倒を押し付けて、
自分の手柄にしたいってのがあるのも事実。
さすがに面倒なのだよね、こうなると。
13:2015/03/27(金)13:06:19 ID:
「これ以上成績を上げるな、PTAの役員をやらされる」って
親に怒られた
楽しく通っていた書道塾も辞めさせられた
14:2015/03/27(金)13:06:20 ID:
イベントは参加させないってのは可能でも、PTAで寄付した備品を使うなっつーのは難しいよな。
22:2015/03/27(金)13:15:38 ID:
>>14
でもそれは寄付だからなぁ…
そこまで言うなら寄付自体しない方がいいと思う。
18:2015/03/27(金)13:11:28 ID:
恒例の入学説明会の鬱行事

PTAの役員決めw

決まるまで解散出来ませんからwwwwww


…シーン…………


あ…共働きは理由になりませんのでwwwwwwwwwwww


:(;゙゚'ω゚'):
19:2015/03/27(金)13:14:36 ID:
>>18
「じゃあ、打ち合わせは平日20時からにしましょう。それなら参加できます。もちろん先生方も。」

なぜか却下されるという不思議。
20:2015/03/27(金)13:14:39 ID:
>>18
うちの近所の小学校は妊婦ですら容赦なく役員にさせられたって
話だぜw
ひでー話だよ。
24:2015/03/27(金)13:38:06 ID:
過疎化で子供減ってるのに、
1人で広大な字地区の寄付金集めとかやってらんねー。
そんなら、保護者で年に万単位で出すっつーの。

>>18
そりゃ、人それぞれ「忙しさ」の基準違うからねw
いっその事くじ引きにしてしまえ。
異人さんやヤンキー除外で推すってやめて欲しいわホント。
25:2015/03/27(金)14:22:38 ID:
PTAは男女共同参画の最大の障壁と言えよう

意味不明な役員といい、保護者の負担が重すぎる
26:2015/03/27(金)14:30:22 ID:
町内会や子ども会でもまったく同じ問題が起こってるわ
27:2015/03/27(金)14:44:29 ID:
一人3万(/年)でPTAのお役御免できるなら
喜んで払うっちゅーねんww




アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL