相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2015.03.28 18:00 |カテゴリ:科学・宇宙コメント(0)

【科学】「馬鹿げた計画」酷評「宇宙太陽光発電」 NASAが手を引いても開発続ける「技術立国日本」の意地 [H27/3/27]



1:2015/03/27(金)21:03:28 ID:
 政府が1月に改訂した2024年度までの宇宙政策指針「宇宙基本計画」に、引き続きあの
“夢のプロジェクト”が明記された。SF映画やアニメなどにも度々登場する「宇宙太陽光発電システム(SSPS)」の設置計画だ。
莫大(ばくだい)な設置コストから採算がとれないなどと一部の専門家から「ばかげた計画」と揶揄(やゆ)されるが、
政府は2030年代の実現に向け研究開発を推進する姿勢を崩さない。その実現可能性とは?

米国は財政難でプロジェクト中止

 宇宙空間に浮かべた太陽光パネルで発電し、それをマイクロ波と呼ぶ電気に変えて地球に送電する-。
これがSSPSの基本的な仕組みだ。天候や昼夜を選ばず宇宙では24時間直射日光を浴び発電できることから
発電量は最大で地上の10倍となる。さらに二酸化炭素(CO2)を排出しないため温暖化対策にも役立つと期待される、まさに“夢”の計画だ。

 その研究は1968年に米国のピーター・グレーザー博士の提案から始まり、その後は日本のほかロシアや中国なども
研究に取り組んだことで競争が過熱していった。だが、米国ではアメリカ航空宇宙局(NASA)が中心となり研究開発を進めていたものの、
その巨大な設置コストがネックとなり、レーガン政権時代に財政難を理由に計画を縮小。現在ではプロジェクトも中止となり、
研究開発も下火になっているようだ。

 一方、日本は90年代のエネルギー開発構想として通商産業省(現経済産業省)が2000年ごろにシステム開発の構想を
立ち上げたことをきっかけに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や民間企業が中心となり研究開発を進めていた。
今月12日には三菱重工業がSSPSに不可欠な技術である電波で電気を送る実験で成功したばかり。
このほかIHIなど重機械メーカーが中心となり研究開発が行われており、政府もそうした企業に予算を振り分けるなど、支援を惜しまない。

部品打ち上げだけで5兆円!?

 そもそも、SSPSの設置計画を実現するのにどれくらいの予算がかかるのか。平成19年度の太陽光発電利用促進技術調査による
試算分析によると、原子力発電所1基分に相当する100万キロワットの発電能力を持つSSPSを2030年ごろを目標に設置した
場合のコストはざっと約1.3兆円。それも「将来の技術革新を考慮したうえでの試算で、かなり安く見積もった金額」
(経産省宇宙産業室)で、現実的には2兆円を超えるといわれる。

 となると実現するための最大の課題は、やはりコストを削減するための技術革新にかかってきている。

 当初の試算分析によると、約1.3兆円の建設コストのうち宇宙での発電と送電システムの建設に約5700億円、
地上の集電システムの建設に約2300億円、部品の輸送費に約4700億円。それらに加え保守・運用費用として年間約340億円がかかる。

 想定される建設方式は、まず地上から低軌道(地上約500キロメートル)までロケットで部品を多数回打ち上げて、
軌道上で組み立ててから徐々に軌道間輸送機で地上3万6000キロメートルの静止軌道まで移動させる。
ちなみ100万キロワットの発電能力を持つSSPSとなると、なんと2キロメートル四方の太陽光パネルが必要になるという。

 この中で一番の難題が「部品輸送」だ。試算ではSSPSの部品を打ち上げるロケットの回数は500回は必要とされ、
現在の技術だと1回打の打ち上げ費用に約100億円かかるとされる。つまり500回打ち上げるとなると輸送費だけで5兆円かかる計算だ。

>>2

関連する記事





2:2015/03/27(金)21:03:34 ID:
>>1より

 経産省の担当者は「採算性を考えるなら1回の打ち上げコストを現状の100分の1まで縮小しなければならない」と話す。
さらに、「現在の技術力では部品を地上500キロメートルまで打ち上げるのがやっと。その後に静止軌道まで移動させる
方法は現時点ではない。要するに現時点の技術では実現可能性は0%です」と絶望的な回答が返ってくる。

 現在、JAXAや民間企業は運搬コスト削減のため、SSPSシステム自体の軽量化と送電の効率化などの研究開発を進めている。
だが、静止軌道までの運搬についての研究はほとんど進んでいない。

 ある大学の研究者からは「火力発電所や原発の建設費の数千億円を考えると、SSPSの研究自体が税金の無駄遣いだ。
洋上や風力発電などの効率化を図った方がよほど有益的」と残念な指摘をされるありさまなのである。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150327/prm1503270001-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/150327/prm1503270001-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/150327/prm1503270001-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/150327/prm1503270001-n4.html
http://www.sankei.com/premium/news/150327/prm1503270001-n5.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 15◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427016956/406
56:2015/03/28(土)01:58:07 ID:
>>2

>  現在、JAXAや民間企業は運搬コスト削減のため、SSPSシステム自体の軽量化と送電の効率化などの研究開発を進めている。
> だが、静止軌道までの運搬についての研究はほとんど進んでいない。
>
>  ある大学の研究者からは「火力発電所や原発の建設費の数千億円を考えると、SSPSの研究自体が税金の無駄遣いだ。

ここの部分が重要で、個別に研究をしようとしているから進まなくなる。
宇宙開発を行うのであれば、まず宇宙開発自体のベースとなるインフラ構築が必要になる。
具体的に言えば、宇宙との交通網を開発する必要が出てくるこということだ。
これはまさに経済における公共性の話。
公共サービスは出来るだけコストを下げるというのが必須。
エネルギー自体公共サービスであるので、そのコストを低くするのは必須になる。
そしてそのコストの大部分が運搬という別の手段にあるのであれば、そこを重点的に
開発していかなければならない。

つまり、山奥に発電所を作るのであれば、最低限資材を搬入するための道路が必要になる
のと同じように、地上と宇宙との間に何らかの交通手段が整備されなければならない。
つまり、「エネルギーだけ宇宙。それ以外は全て地上」という状態を解消して、宇宙空間にも
ある程度の構造物を作っていかなければならなくなるだろう。

まだそこまで達していないという事だろうな。
64:2015/03/28(土)05:48:25 ID:
>>1
> マイクロ波と呼ぶ電気に変えて

fmfm・・・・・・

えw?
3:2015/03/27(金)21:10:19 ID:
あ、あれは、憎しみの光だーっ!
4:2015/03/27(金)21:18:59 ID:
宇宙エレベーター早く!

宇宙旅行に行きたいのよ!
5:2015/03/27(金)21:40:23 ID:
>>4
お土産屋はありませんよ?
6:2015/03/27(金)21:43:48 ID:
実はレーザーとかね
7:2015/03/27(金)21:52:53 ID:
別に宇宙発電じゃなくても
山や海上の電力が必要な施設に送電線引かないで電力送れる様になれば便利なんじゃね
10:2015/03/27(金)22:15:52 ID:
>>7
だよな。別に今から現物を作るわけじゃないし。
基礎研究すらムダというなら高速増殖炉や核融合炉はどうなんの
8:2015/03/27(金)21:55:56 ID:
核兵器に変わる新しい兵器になる事をまだ誰も知らない。
9:2015/03/27(金)22:14:43 ID:
太陽光を目的地に集中的に反射させる衛星でも充分役に立つ。
鏡なら炭素繊維とナトリウムで何とかなるし。
ちょっと焦点をずらして、要らない場所を焼き払ったりできて便利だよw
11:2015/03/27(金)22:18:14 ID:
基礎研究的なことはアメリカも続けてますけど、、
記事を書いた人はそのあたりの見分けができないレベルかな
12:2015/03/27(金)22:19:48 ID:
馬鹿げてようが何だろうが
本気になるのが我が国よ
13:2015/03/27(金)22:23:52 ID:
これは、絶対に開発すべき。
核なんて、目じゃないくらい最強の兵器になるよ。……あれ?
15:2015/03/27(金)22:31:37 ID:
>>13
というのは、冗談にしても、本当に資源の問題は、大きいね。
太平洋戦争も、原因は資源だよね。
陸上に資源のない日本は、海か宇宙に資源を求めるのが、一番安心。
16:2015/03/27(金)22:38:37 ID:
>>15
地中もある。マグマ発電ですよ。
14:2015/03/27(金)22:30:39 ID:
眠らせない兵器だな
17:2015/03/27(金)22:48:25 ID:
>米国は財政難でプロジェクト中止

こういうのは日本の方が得意だな
金をかけないことに関しては日本に勝てる国は無い

しかし、ソーラレイを実現出来たらアメリカを超えるぞコレ

軌道衛星上の攻撃だって無敵に近いのに宇宙空間からの攻撃に
対処する術は無い
18:2015/03/27(金)22:50:01 ID:
実現したとしたらノーベル賞もんだよな。
19:2015/03/27(金)22:55:58 ID:
電気の元は太陽光パネルである必要はないんじゃね?
20:2015/03/27(金)22:56:31 ID:
こういう批判は財政を圧迫するほど本気で研究開発しているなら言えることだが
まだそのような段階ではないだろ
この記事が言うように実現可能性が無いとはっきりしたら計画は無くなるだろう
21:2015/03/27(金)23:03:25 ID:
あんまり無駄なものを宇宙に打ち上げて地球の質量減らさない方がいいんじゃない
そのうち月が無くなるよ
22:2015/03/27(金)23:05:13 ID:
>>21
どのくらい質量が減ると月が居なくなるの?
23:2015/03/27(金)23:05:50 ID:
こういう遠い未来に向かった研究開発というは好きなんだけどな
24:2015/03/27(金)23:07:57 ID:
NASAが手をひくからというのはいかにも日本らしい不毛な理屈だ
できるならやりゃいいんだよ
25:2015/03/27(金)23:08:54 ID:
イカロスみたいに薄膜太陽電池を使えば打上げ質量もかなり軽減できるんじゃないか?
同じように回転させて展開すれば大きな面積の電池を簡単に広げられるし
31:2015/03/27(金)23:51:33 ID:
ほんとなデブリで故障したらどうにもならんよな
>>25 可能性があるとしたら薄膜だと俺も思うわ
デブリ的にも予算的にも
26:2015/03/27(金)23:11:15 ID:
尚、技術が確立した時点でアメリカが
「あ、それうちの特許だから」
と言い出す模様。
27:2015/03/27(金)23:14:03 ID:
>>26
もしくは成功しそうになったら共同開発だねw
28:2015/03/27(金)23:14:32 ID:
予算がつくからやってるだけだよ。
地震予知と一緒。
研究費を取らないと自分のポストが危ういから、
実現不能だって「できます」と言うさ。
生活がかかってるんだから。
29:2015/03/27(金)23:30:12 ID:
>>28
ひねくれてるなぁ。思考パターンが、夢の扉にでてくる企業のお偉いさんみたいだw
79:2015/03/28(土)10:16:04 ID:

>>28
これが一番正しいだろうな
核融合発電とか巨大予算で不可能な事をやって研究費で生活してる詐欺科学者は多い
小保方みたいなのは大勢いる

研究途上で得た知識が何の役に立つかは分からないし
研究の大半が無駄になるのは医学でも薬学でも同じだからやるなとは言わないがな

太陽光の信者たちが考えないのはメンテナンス
設置すりゃ終わりだと思い込んでる
発電板が消耗品であることを知らないんだよね
紫外線を浴び続けるんだから劣化は避けられないんだよ
定期的に交換しなきゃならないのに誰がやると思ってるのか?

こんな物は完成したとしても全く採算が合わないのが自明
アホらしい話だ
30:2015/03/27(金)23:37:40 ID:
デブリ対策できてるんだろうか
32:2015/03/28(土)00:00:08 ID:
宇宙で使う電気を宇宙で発電しないでどうする?
地球で使うって言わないと、予算が引き出せないんだよw
33:2015/03/28(土)00:10:06 ID:
ダイアモンドは永遠に
34:2015/03/28(土)00:26:11 ID:
そんな金かけるより地熱発電増やしたほうがいいな。
35:2015/03/28(土)00:31:26 ID:
むしろ電力多様化の一手として宇宙太陽光発電やってほしい。
休眠受電設備をある程度バラけさせて設置しておいて
発電所の点検停止の時とかに宇宙から送電する。
普段、宇宙からの送電受けてた所は休眠火力を使う事になるけど。
36:2015/03/28(土)00:33:44 ID:
日本の地熱発電が出来る地域は温泉街が占めている関係上
温泉が出なくなるんじゃないかと言う地元民の反対で
全然話が進みません
37:2015/03/28(土)00:34:56 ID:
研究は続けないと前に進まないからな。
38:2015/03/28(土)00:40:03 ID:
むしろ核廃棄物を
太陽に捨てるほうが安上がりなのではないかと思い始めたw
43:2015/03/28(土)00:58:55 ID:
>>38
核廃棄物を打ち上げて太陽に捨てるのってすごい高くないだろうか……
軌道エレベーターみたいなので衛星軌道まで上げるとしてもとてつもないコストだろう
そして、値段を置いておいて現状の原子力を使い続けるのは食の安全的な意味でどうかしている。

まあ福島を置いておいてもトリチウムとかどう見てももう手遅れなんじゃないかなぁって思うのよね
44:2015/03/28(土)01:02:27 ID:
>>43
水星は土星よりも遠い、という言葉があるらしい。
45:2015/03/28(土)01:02:35 ID:
>>43
高いというより、ロケットの打ち上げに失敗したときのリスクが大きすぎるってことだろ
47:2015/03/28(土)01:05:43 ID:
>>43
今現在は重いしリスキーだよね
起動エレベーターもまだまだ科学の遊びに色ついた程度だし
けどさ、技術は革新していくものだよ
光通信分野では透磁率コントロールして
更なる軽量化しようなんてこともやってるわけで
可能性は捨てないでおきたいねぇ
50:2015/03/28(土)01:09:04 ID:
>>47
技術革新しても太陽へ持ってくエネルギー自体が膨大。
太陽系外へ運んだ方がいいんじゃないか。
39:2015/03/28(土)00:48:39 ID:
後のラピュタの雷である
51:2015/03/28(土)01:12:25 ID:
>>39
それを言うなら
未来少年コナンの三角塔じゃなかろうか
40:2015/03/28(土)00:54:39 ID:
もんじゅより安いな。
41:2015/03/28(土)00:56:09 ID:
太陽いぢるなよ。太陽壊れたら人類どころか太陽系絶滅だ。
42:2015/03/28(土)00:58:35 ID:
地上に送るより、宇宙で活用すること想定してんのかな
46:2015/03/28(土)01:04:12 ID:
核廃棄物の処理はアメリカがやってるように劣化ウラン弾にしてイスラム国にでも打ち込めばいいんだよ
48:2015/03/28(土)01:06:55 ID:
これだったら雨量の少ない砂漠で太陽光発電の方がいいな、
と思ったらすでにサハラ砂漠でやっているらしいな。

鳥取砂丘の時代キタ
80:2015/03/28(土)11:31:04 ID:
>>48
砂掃除大変やん
81:2015/03/28(土)11:31:49 ID:
>>48
鳥取は別に天気いいわけじゃないから。
日本海側やで
49:2015/03/28(土)01:08:16 ID:
ダムの壁面利用なんてのも最近のニュースで見た
割といいアイデアだと思う
52:2015/03/28(土)01:26:42 ID:
この辺や軌道エレベーターが実現する頃には常温核融合電池が完成してる
53:2015/03/28(土)01:34:03 ID:
他に転用可能な技術なら良いけどねぇ・・・
投資するなら現実的な計画に投資して欲しい
iPS細胞とかさ
54:2015/03/28(土)01:43:59 ID:
>>53
送電線無しで電気送れるなんて
それこそ転用しまくれる技術なんじゃね
55:2015/03/28(土)01:55:49 ID:
やってみなくちゃわからない

大科学実験的でよいんじゃね
そこからわかる事もあるし、新技術ができるかもしれない
内に篭るところとはっちゃけるところを分けないと
57:2015/03/28(土)02:04:51 ID:
僻地で使う?
受信設備作らないとだめだからwwww
58:2015/03/28(土)02:07:43 ID:
月は出ているか
59:2015/03/28(土)02:12:48 ID:
何だかんだで今の文明は不可能を可能にしたから成り立ってる
今のままで良い!を正しい意見にしたくないものだ
60:2015/03/28(土)02:51:58 ID:
とりあえず軍事用にやっとけばいいんじゃないの
民生では当面は無理だろ
61:2015/03/28(土)02:56:14 ID:
軍事用もないだろ。護衛艦に受電設備つけるのか?
62:2015/03/28(土)03:38:35 ID:
地上に送電するだけじゃなく
宇宙空間で送電するのに使えるから
先を見てやっとくってのは良いかと

地上に送るのは無理だと思うけどね
63:2015/03/28(土)05:03:32 ID:
大型トラックサイズの核融合炉完成してりゃ“馬鹿げた計画”と思われてもしゃーないわな
65:2015/03/28(土)06:19:21 ID:
宇宙兵器に転用できればあるいは
66:2015/03/28(土)06:27:55 ID:
>NASAが手を引いても開発続ける

NASAが必ず正しいのか?
それにこの技術は宇宙太陽光発電以外にもいろいろ応用できる分野があると思うんだが
67:2015/03/28(土)06:32:22 ID:
たった一つの発見で逆転しそうな技術だな
宝くじ当てるのよりは簡単そうだからチャレンジする価値はあるだろ
68:2015/03/28(土)06:51:17 ID:
まかり間違って実現したら血相変えて飛んでくるのもアメリカな癖になぁ
69:2015/03/28(土)08:36:30 ID:
マグマ発電は進んでんのかね
70:2015/03/28(土)08:43:40 ID:
『米国は財政難でプロジェクト中止』
別に可能性がなくて、やめたんじゃないよね。
権利は持ったまま、日本に開発させて、成功したら、権利を主張。
と、こうですね。
まあ、アメリカは、ちゃんと開発の苦労も考慮してくれるので、かなり日本にも権利が来るし、日本が開発を続けるからこそ、アメリカでの開発を取りやめたということでしょう。
AIIbができたら、アジア諸国へのODAや経済援助をやめて、そっちに金をつぎ込めば良い。
71:2015/03/28(土)08:45:01 ID:
諦めたら何も生まないし、でも金銭的に悩みどころ
72:2015/03/28(土)08:49:15 ID:
低軌道から静止軌道までを軌道エレベーターでむすべばいいやん
73:2015/03/28(土)09:05:06 ID:
>>72
マイクロ波送電システムの良いところは、受電設備さえあれば送電線が必要ないところ。
軌道エレベータなんて、さらに実現性が低い技術じゃんw
74:2015/03/28(土)09:26:51 ID:
>>73
マイクロ波、怖い。
そろそろ電磁波から国民を守る法案も作って欲しいです。
どこかの誰かさんが団体で、さいーばーてろをやっている限りむりでしょうけど
75:2015/03/28(土)09:30:46 ID:
もうちょい技術革新できるまで待てばいいのに
原稿の技術ではお金かかりすぎだし耐久性も心配
76:2015/03/28(土)09:39:41 ID:
工場を上げろよ。
77:2015/03/28(土)09:40:12 ID:
未来少年コナンがなつかしい。
78:2015/03/28(土)09:48:54 ID:
小学生低学年だったが、モンスリーが大好きでした
82:2015/03/28(土)11:34:55 ID:
NASAには火星に人間送るというプロジェクトがありますので
他にかける予算無いのが実際。
83:2015/03/28(土)11:41:13 ID:
>>82
帰りの分を削ればいいんじゃね
85:2015/03/28(土)12:18:15 ID:
>>83
永住という話だが。
84:2015/03/28(土)12:15:19 ID:
文殊を廃止して、その予算を軌道エレベーターを開発
軌道エレベーターが、完成したら、ソーラーレイ
これだろ 順番




アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL