相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2014.12.26 11:28 |カテゴリ:事件・事故コメント(0)

【山形】 防犯カメラに人を引きずって走る銀色系の「アルファード」?  死亡ひき逃げ 高校教諭逮捕に吉村知事「言語道断の事案」



f4-1.jpghttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsalpha/1419552657/
1 :擬古牛φ ★ 2014/12/26(金) 09:10:57.69 ID:???
★防犯カメラに容疑車両? 裏付け進める 
山形・死亡ひき逃げ山形市美畑町で20日未明、東北文教大の男性准教授がひき逃げされて死亡し、自動車運転処罰法違反(過失致死)などの疑いで楯岡高教諭斎藤章容疑者(60)=天童市糠塚1丁目=が逮捕された事件で、現場付近の防犯カメラに事件と同時間帯に車両底部で人を引きずって走っているとみられるワゴン車が映っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

関連する記事






山形署は斎藤容疑者の車両とみて、押収した車の損傷箇所と映像を照合するなど裏付けを進めている。

 亡くなったのは同大准教授の松川俊夫さん(56)=同市十日町1丁目。斎藤容疑者は同日、送検された。
「(事件発生時間帯に)現場を通っていない」などと述べ、依然容疑を否認している。

 捜査関係者によると、防犯カメラに映っていた車両は形状から斎藤容疑者が所有する車と同型の
銀色系の「アルファード」とみられる。映像には左前輪付近に人のようなものが引っ掛かっている様子が確認された。
斎藤容疑者の車に松川さんを引きずった際に生じた痕跡が、映像に映っていた同じ位置に残っている可能性があり、同署が調べを進める。
車両底部では既に血痕が見つかっており、松川さんのものか鑑定している。

 斎藤容疑者は松川さんを車で約1.5キロ引きずり、逃走して、死亡させたとして逮捕された。
車はバンパーの下部や左補助灯付近などが割れ、ナンバープレート周辺も破損。
車両前部に強い衝撃が加わった可能性があり、同署は松川さんをはねた際に損傷したとみて捜査している。

●吉村知事「言語道断の事案」

 県立高校の現職教諭が逮捕されたことに対し、吉村美栄子知事、菅野滋県教育長は24日、それぞれコメントを発表した。

 吉村知事は「逮捕は痛恨の極みであり、詳細については情報収集と事実確認を進めているが、
事実であれば、県民を挙げて交通安全に取り組んでいる中、言語道断の事案」とした。

 菅野教育長は「県民の教育への信頼を損なうものであり、誠にざんきに堪えず申し訳なく思っている。
公務員としての自覚と職務の重要性を再認識し、服務規律の徹底を図っていく」とコメントした。

 県教育委員会は県内の公立学校長らを対象にした臨時会議を26日に山形市で開くことを決めた。
小中高、特別支援学校の校長ら約450人を集め、菅野教育長が訓示する予定。

 一方、東北文教大の鬼武一夫学長は「容疑者が逮捕され、まずは胸をなでおろしている。
松川先生もひと安心されているでしょう。早急な事件解決に向け、捜査に当たっている皆さまに感謝します」との談話を出した。
(続く)


山形新聞 http://yamagata-np.jp/news/201412/25/kj_2014122500605.php

続きは>>2-4


2 :擬古牛φ ★ 2014/12/26(金) 09:11:10.40 ID:???


>>1の続き

●容疑者元教え子ら「何かの間違いでは」

 楯岡高教諭の斎藤章容疑者が逮捕されたことを受け、同校は24日、
冬期講習中の全生徒を集めて緊急の全校集会を開催、孫田淳校長が事件の経緯を説明した。

 集会は非公開で開かれた。終了後、報道陣の取材に応じた孫田校長は
「動揺している生徒もいると思う。この件に関して不安や悩みを持つことがあったらすぐに教諭に相談してほしいと話した。
万全のサポート態勢で臨む」と述べた。聞いているときの生徒たちは前を向いて真剣に聞き入っていたという。

 この日は生徒が親と話す時間を確保するため、学年ごとの冬期講習をそれぞれ1時間早く切り上げた。
保護者を対象とした緊急の説明会は25日夜に開く予定。

 楯岡高剣道部で指導を受けたかつての教え子は「厳しくも優しい先生。何かの間違いではないか」と話した。
卒業後も交流があり、来年2月に剣道部OB・OGと集まるのを楽しみにしていたという。

 斎藤容疑者の自宅近くに住む70代の女性は「逮捕されたと聞いて、何かの間違いじゃないかと思った」と驚きを隠せない様子で話し、
「温厚で誠実で人間的にできた人だった。今でも信じられない」と続けた。

以上



3 :擬古牛φ ★ 2014/12/26(金) 09:22:58.06 ID:???


★<山形ひき逃げ>教諭ワゴン車底部に血痕

 山形市で東北文教大短期大学部准教授の松川俊夫さん(56)=同市十日町1丁目=が
車に約1.5キロ引きずられ死亡したひき逃げ事件で、逮捕された天童市糠塚1丁目、
県立楯岡高(村山市)教諭斎藤章容疑者(60)のワゴン車の底部に血痕が付着していたことが25日、
捜査関係者への取材で分かった。山形署は、血痕が松川さんのものかどうか鑑定を進めている。

 同署のこれまでの調べで、斎藤容疑者が所有するトヨタの「アルファード」は前底部のバンパーが破損し、
松川さんが引きずられた現場に散乱していた車両部品の破片と形状が一致している。

 捜査関係者によると、斎藤容疑者は逮捕前の任意の事情聴取で、
事件当夜の19日は同僚とJR山形駅近くで食事後、アルファードを運転して帰宅。
事件発生時刻の20日午前1時45分ごろは「自宅にいた」と話し、容疑を否認しているという。

 斎藤容疑者は、自動車運転処罰法違反(過失致死)とひき逃げの疑いで逮捕、送検された。

河北新報 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141226_53023.html



4 :擬古牛φ ★ 2014/12/26(金) 09:24:27.00 ID:???


★否認、帰宅路話さず/山形引きずり死亡  2014年12月25日10時14分
◆ 容疑教諭、現場「通らず」

 山形市で20日未明にあった死亡ひき逃げ事件で、県警は24日、道交法違反(ひき逃げ)などの
疑いで逮捕した県立楯岡高校教諭斎藤章容疑者(60)=天童市=の身柄を山形地検に送った。
斎藤容疑者は23日の逮捕後から「(現場付近を)通っていない」と否認している。

 逮捕容疑は、20日午前1時45分ごろ、山形市十日町1丁目の市道で、
東北文教大短期大学部准教授松川俊夫さん(56)を車で引きずり、死亡させたというもの。

 県警によると、斎藤容疑者は事件があったルートを通ったことを否定、「納得いかない」と話しているという。
事件当夜は飲食店で食事をした後、自宅に車で帰ったと説明するのみで、
帰宅のルートや詳しい時間については話をしていないという。

 23日深夜に記者会見した楯岡高校の孫田淳校長らによると、斎藤容疑者は19日午後9時ごろまで、
山形市内の飲食店で職場の同僚と一緒だった。同席者は斎藤容疑者は飲酒をしなかったと話しているという。

 また斎藤容疑者は、保健体育科の教諭で剣道部の顧問を務めており、事件後の22日も、
容疑車両のトヨタのアルファードで通勤していたという。(岩沢志気)

asahi.com http://www.asahi.com/articles/CMTW1412250600001.html



5 :擬古牛φ ★ 2014/12/26(金) 09:26:52.20 ID:???


★<山形ひき逃げ>校長「逮捕、信じられない」

 山形市中心部で東北文教大短期大学部准教授の松川俊夫さん(56)が
車に1.5キロ引きずられ死亡したひき逃げ事件で、県立楯岡高教諭斎藤章容疑者(60)が
道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕、送検され、県内に24日、衝撃が広がった。

 楯岡高は同日、緊急の全校集会で斎藤容疑者の逮捕を説明。
孫田淳校長は「襟を正し、倫理観を持って指導する」と述べ、生徒に謝罪した。
25日は保護者説明会も開く。
 孫田校長によると、斎藤容疑者は1999年から同校に勤務。
保健体育の授業や生徒指導などを担当し、来年3月に定年退職の予定だった。
事件後の22日もトヨタの「アルファード」で午前10時半ごろ出勤し、変わった様子はなかったという。

 23日深夜に記者会見した孫田校長は「生徒を大切にする先生だった。信じられない」と驚きを隠さず
「ご心配とご迷惑をお掛けした」と謝った。
 松川さんがはねられたとみられる山形市十日町1丁目の市道には24日、多数の花束が手向けられた。
東北文教大の鬼武一夫学長は「松川先生も一安心されただろうと拝察する」とコメントした。

 県教委は26日、臨時の全県校長会を開き、服務規律の徹底を図る。
菅野滋教育長は「率先垂範すべき教員が逮捕され、申し訳ない」、
吉村美栄子知事は「事実だとすれば言語道断の事案だ」とそれぞれ談話を出した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141225_53004.html



6 :擬古牛φ ★ 2014/12/26(金) 09:44:18.87 ID:???


★不自然な動きのワゴン車目撃、容疑車両か 山形・死亡ひき逃げ、引きずりの認識裏付け? 2014年12月26日 07:35

 山形市美畑町で20日未明、東北文教大准教授の松川俊夫さん(56)がひき逃げされて死亡した事件で、
松川さんが倒れていた現場近くの脇道を右折した後に急停車し、
すぐに急発進するワゴン車が目撃されていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。
右折直前にバックするなど不自然な動きをしていたとの情報もあり、
山形署はワゴン車は逮捕した楯岡高教諭斎藤章容疑者(60)=天童市糠塚1丁目=の車で、
人を引きずっていた認識があったとの見方を強め、裏付けを進めている。

 斎藤容疑者は松川さんを車で約1.5キロ引きずった後、逃走し、
死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)などの疑いで23日に逮捕された。
「(事件発生時間帯に)現場を通っていない」などと述べ、依然容疑を否認している。
山形地検は25日、山形地裁に勾留請求し、認められた。期限は来月3日まで10日間。

 同署によると、松川さんが路上にあおむけの状態で倒れているのが見つかった20日午前1時55分ごろ、
ワゴン車が右折して脇道に入るところが目撃されている。
捜査関係者の話では、このワゴン車は目撃情報などから、斎藤容疑者の車と同じ銀色系の「アルファード」とされ、
防犯カメラに映っていた人を引きずっていたとみられる車両と特徴が酷似しているという。

●楯岡高で保護者会

 斎藤章容疑者が勤務する村山市の楯岡高で25日夜、臨時の保護者会が開かれ、
現職教師が逮捕されたことで生徒に動揺が広がらないよう、孫田淳校長が今後の対応を説明。
クラスごとに各担任教諭が保護者からの質問、相談に応じた。

 保護者会は報道陣に非公開で開かれ、約140人が参加。
同校の説明によると、孫田校長が24日の全校集会で生徒に話した内容についてあらためて説明し
「生徒へのサポート態勢を万全にしたい」などと述べたという。

 3年生の保護者の一人は「(逮捕の)事実が違っていればという思いもあり、正直困惑している。
3年生は進路決定を控えているが、高校受験時に東日本大震災を乗り越えてきた学年なので、子どもたちの力を信じたい」と話した。

 孫田校長は保護者会後、斎藤容疑者が否認を続けていることについて、
報道陣に「私自身、いまだに信じられない思いだ。本当は何があったのだろうか…」と語った。

山形新聞 http://yamagata-np.jp/news/201412/26/kj_2014122600639.php

用語解説: アルファード http://www.weblio.jp/content/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%89?viapid=rws-311139645509





アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL