相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2015.05.09 17:24 |カテゴリ:中国コメント(0)

【健康】「電子たばこは発がん性ある」と専門家 大半が中国製、従来のたばこより危険説も [H27/5/6]



1:2015/05/06(水)23:43:30 ID:
 液体を加熱して蒸気を吸う電子たばこが急激に広がっている。電子たばこは
「VAPE(ベープ)」などと呼ばれ、吸引器は「アトマイザー」、
気化させる溶液は「リキッド」や「ジュース」などと呼ばれ、おしゃれな雰囲気。
欧米を中心に人気に火が付き、国内でも昨年から急速に広まっている。
販売店の一部では「水蒸気だから無害」「禁煙に役立つ」などと安全性をアピールしつつ
販売しているが、専門家は「電子たばこの蒸気は水蒸気ではない。発がん性物質が含まれ、
毒ガスそのもの。絶対に吸うべきではない」と警鐘を鳴らず。電子たばこでがんになるのか…(村島有紀)

カラフル、高級感をアピール

 電子たばこは、2004年に中国人薬剤師が、吸引器にニコチンや香料を入れた溶液を加熱して
蒸気を吸い込む「仕組み」を発明したことから、世界的に広まった。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150506/prm1505060019-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/150506/prm1505060019-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/150506/prm1505060019-n3.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 18◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1430397422/344

関連する記事





2:2015/05/07(木)00:14:29 ID:
んな中途半端せずに、タバコ吸うか辞めるかどっちかにするべし
3:2015/05/07(木)00:35:38 ID:
×電子たばこは
○中華製品は
9:2015/05/09(土)13:40:54 ID:
>>3
電子煙草だろうが紙巻煙草だろうが煙草は有害だよ。

現状の国産の電子煙草は煙草製造法の関係で煙草ではなく「煙草もどき」、煙草は>>1の中国産のような海外物だけ。
ただし今後は電子煙草会社を買収したJTが出すだろう煙草は>>1と同じようにもどきではない煙草。

そしてJTが電子煙草会社を買収したので、今後電子煙草は色々とお洒落だとか安全だとかステマされていく商品。
11:2015/05/09(土)15:35:54 ID:
>>9
だからマルマンのは電子タバコでなく電子パイポなんだな
12:2015/05/09(土)16:43:22 ID:
>>1
記事の最後にワロタ

>関連ニュース:「禁煙パイポ」発の電子たばこ マルマンが発売、発がん性物質ゼロ

これは手の込んだ宣伝のような
4:2015/05/07(木)00:36:01 ID:
蚊がいっぱい落ちそうw
5:2015/05/07(木)00:51:07 ID:
開発研究が進めば安全なものになるが
現時点では危険って事か
6:2015/05/07(木)02:33:51 ID:
コスト的にどうなのか気になって試したことあるが、全般的にちと微妙だった
味薄いし、バッテリーすぐ切れるし
何より、タバコに似せた形状なもんだから、確実に周囲の誤解を招く
いちいち説明すんのもめんどくさい
タバコじゃないんだから、形まで似せる必要ないだろうに

まあ、肝心の香りの元が有害物質とかいうことになれば
結局は禁煙パイポに落ち着くかな
7:2015/05/07(木)02:36:25 ID:
そういやー爆発してたろ
危険だな
8:2015/05/07(木)08:22:33 ID:
>>1
喫煙厨は
どこまでも迷惑だな
10:2015/05/09(土)15:26:26 ID:
ちなみにこのリキッドってグリセリンで簡単に作れるんだぞ
味がほしい場合はバニラエッセンスを数滴垂らす
この気化したグリセリン吸うだけでどうにかなるとも思えん
嫌煙ファッショがケチつけてるだけの気がする
13:2015/05/09(土)17:17:07 ID:
副流煙が出ないなら好きにさせればいいと思う。
タバコ同様に税金かけて管理するなら健康被害も十分に抑えられる。
14:2015/05/09(土)17:18:08 ID:
電子パイポだと子供でも良いのだろうか




アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL