相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.06.10 12:49 |カテゴリ:国内コメント(0)

    【IT】安易なWindows 10アップグレード予約は危険 CPUやドライバが非対応の可能性



    1:2015/06/10(水) 11:49:50.56 ID:
    機種によってはドライバーが提供されない可能性も
    安易なWindows 10アップグレード予約は危険! 必ず確認を
    2015年06月08日 17時00分更新

    Windwos 10の無償アップグレード、本当に予約しても大丈夫?


     マイクロソフトの次期OS「Windows 10」の無償アップグレード予約が開始
    されている(関連記事)。Windows 8.1およびWindows 7を搭載したPCでは、
    デスクトップ画面右下のインジケーターに「Windows 10を入手する」という
    メニューがWindows Update経由で提供されており、ここから予約が可能だ。

    インジケーターにメニューが表示されている


     ただし、無償アップグレードにはできるかぎり慎重になることをオススメし
    たい。なぜなら、「Windows 10を入手する」ボタンが表示されているからと
    いって、必ずしもそのモデルがアップグレード可能だと保証されているわけ
    ではないからだ。無用なトラブルを避けるため、この記事では無償アップ
    グレードに関する主な注意点を紹介していこう。

    >>2-4 へ続きます
    2:2015/06/10(水) 11:50:20.40 ID:
    最低システム要件はWindows 7とほぼ変わらないが……

    システム要件はWindows 7とほぼ変わらず。ただし、CPUがOSの機能に対応しない場合が考えられるので、そこは注意


     現在発表されているWindows 10の最低システム要件は、CPUクロックが
    1GHz以上、メモリー容量は32bit版では1GB、64bit版では2GB。ストレージ
    の空き容量は32bit版では16GB、64bit版では20GB必要だ。ディスプレーは
    8型以上(解像度1024×600ドット)をサポート。また、無償アップグレードに
    は3GB程度のストレージ空き容量が必要になる。

     最低要件はWindows 7からほぼ変わっておらず、Windows 7以降のOSが
    動作するPCなら性能的には問題なくクリアできるだろう。ただし、ドライバ
    ー提供の問題や、CPUそのものがWindows 10の機能をサポートできず、
    アップグレードに失敗する可能性があることには気をつけたい。実は
    Windows 8のリリース時にも、従来OSからの移行で似たような問題が起き
    ている。該当しそうなユーザーは、今後発表されるであろう詳細なシステム
    要件を確認した上でアップグレードを検討するほうが賢明だ。
    3:2015/06/10(水) 11:50:48.85 ID:
    アップグレードでメーカー保証対象外に!?
    ドライバーが提供されない機種も

    NEC PCは無償アップグレードに関するサポートページを公開中。2013年4月以前に発表したPCは動作対象外とする旨が記されている。Windows 10対応は、メーカーによっては公表に時間がかかる見込みだ


     Windows 10の対応状況を記載したメーカーサポートページは、現状では
    NEC PCが公開しているものの、ほとんどのメーカーは対応できていない。
    メーカーによっては公表に多少時間がかかる見込みで、OSのリリース日
    である7月29日に間に合うかどうかは微妙なところだ。ただ、自分が使用し
    ているメーカー製PCやタブレットをWindows 10にアップグレードするつもり
    なら、そうしたサポート情報に目を通すことから始めたい。一部のハードウ
    ェア(使用パーツ)に対しては、Windows 10用のドライバーが提供されない
    おそれがあるからだ。

     いくつかのメーカーに確認したところ、一部の製品はハードウェア構成の
    関係上、Windows 10への対応を見送らざるを得ない場合があるようだ。タ
    ブレットでは特にその傾向があるようで、注意する必要がある。また、基本
    的にメーカーは「自社で販売したOSに関してはサポートを実施する」方針
    で動いているため、無償アップグレードを実施したデバイスはサポートの対
    象外となる可能性があるという。

     現在のところ、Windows 10に無償アップグレードしたデバイスをもとの
    Windows 7やWindows 8.1にダウングレードできるかどうかは不明だ。仮に
    デバイスがサポート対象外となっていた場合、取り返しがつかなくなること
    も考えられるので、慎重になったほうがいいとは言える。

    関連する記事





    4:2015/06/10(水) 11:51:15.52 ID:
    アップグレードはしばらく後でも遅くないのでは?

    予約は慎重に


     一見親切そうにも見える「Windows 10を入手する」ボタンだが、ユーザー
    のPC環境によっては無用なトラブルを引き起こすこともありえるので、注
    意が必要だ。少なくとも、各メーカーから今後提供されるサポート情報を
    確認した上で予約しても遅くはない。無償アップグレード期間はリリースか
    ら1年間を予定しているので、くれぐれも導入は慎重に!
    5:2015/06/10(水) 11:57:02.98 ID:
    8.1からならともかく、7からはむやみにアップグレードはしない方が良いと思うわ。7から8.1にしただけでもドライバ無くて困りまくったし




    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。