相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.06.17 22:03 |カテゴリ:国内コメント(0)

    【歴史】戦時下で日本兵の武士道精神に命を救われた米兵 再会を願う [H27/6/17]



    1:2015/06/17(水)13:23:17 ID:
     戦後70年経った今なお、日本の戦争の負の側面ばかりが誇張されて伝えられているが、
    本当にそれだけが真実と言えるのか。軍事ジャーナリストの井上和彦氏は、
    存命の日本軍エースパイロットたちが語る戦場秘話を集めた話題の新刊
    『撃墜王は生きている!』(小学館)のなかで、もう一つの「戦争の真実」を明かしている。

    (略)

     米軍兵士の証言にも、次のような出来事があったようだ。
    沖縄戦のときに、米兵が水を汲みに来た少年を見つけたので、保護したところ、
    人の気配を感じ、はっと見上げたら、二人の日本兵が銃をかまえていた。

     米兵は慌てて、この子供を保護しようとここにいるんだと子供を前に出して示すや、
    その日本兵らは帽子をとって一礼して、去っていったという。
    その生き残りの米兵は、命を助けてもらったあの兵隊にもう一度会いたいと願っているという。
    あれほど凄惨な沖縄戦の最中でも、日本兵は武士道を失っていなかったのだ。

    全文 exciteニュース/NEWSポストセブン 2015年6月17日 07時00分 (2015年6月17日 07時33分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150617/Postseven_328979.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 21◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433689480/879

    関連する記事





    2:2015/06/17(水)13:26:21 ID:
    戦争と人はまた別の物であると言うこと
    3:2015/06/17(水)13:26:53 ID:
    ↓ブサヨの発狂が始まります
    4:2015/06/17(水)13:29:38 ID:
    この記事を掲載してくれたスレ主に感謝致します
    戦地に大々伯父達を五人捧げた家系の末裔です
    一人はあの硫黄島で亡くなりました
    遺骨収拾に行きたいです。
    7:2015/06/17(水)14:14:03 ID:
    >>4
    うちは父方がニューギニア。
    あと母方の親族が沖縄戦でなくなったらしいんで、 沖縄の摩文仁の丘の宮城之塔に行って来た。丘の南端の方で海がよく見えて会ったこともない先祖だけど哀しかったなぁ。

    ひめゆりの塔に行ったら専属ガイドみたいな人が話の端々に、本土の人間は○○といちいち皮肉入れてムッとして帰って来た。あの丘の夥しい各県の慰霊塔見てから皮肉言えよな。
    12:2015/06/17(水)17:44:02 ID:
    >>4
    >>7
    兵隊さんとして亡くなられた御家族のご冥福を心よりお祈り致します。
    きっとお気持ちは通じているでしょう。
    5:2015/06/17(水)13:29:53 ID:
    先ずはその時の少年探しから始めてみてはと
    6:2015/06/17(水)14:08:55 ID:
    現在元気に活動中のひめゆりのおバアが聞いたら激怒しそうな話だな
    16:2015/06/17(水)18:16:33 ID:
    >>6
    ひめゆりなりすましBBAな
    8:2015/06/17(水)14:29:17 ID:
    ええ話や
    9:2015/06/17(水)16:55:48 ID:
    まあ生きてないだろうが、生きてても名乗りでないだろうな
    10:2015/06/17(水)17:17:31 ID:
    米兵も、日本兵も極限状態の戦地でよくこんな行動ができたな
    平和というのはこのようにできる人間によって作られるのかもしれないな

    現状の自称「平和活動家」の大半は真逆の精神性を持っているように見える
    11:2015/06/17(水)17:24:38 ID:
    逆を言えば、こういったのが美談となるくらい
    生きるか死ぬかの生々しい現実もあるわけで
    戦争というのはそういうもんだけど
    13:2015/06/17(水)17:52:00 ID:
    稀な例ではない
    当たり前にしていたこと
    帝国陸海軍とはそういうものだった
    14:2015/06/17(水)17:56:21 ID:
    零戦の撃墜王、坂井三郎氏も
    命令では敵性国の航空機は全て撃墜
    という命令下で
    オランダ?かな、輸送機を発見したんだけど
    乗客が女性達だったのが見えてしまって
    撃墜せずに見逃した事があったそうな。
    とはいえ明らかに軍令違反だから悩んでいたけど
    戦後に乗客だった女性と対面する機会があって
    あの時撃ち落とさなくて本当に良かったと思えたとか。
    15:2015/06/17(水)18:00:37 ID:
    本当かな
    17:2015/06/17(水)18:19:48 ID:
    戦争という極限の状況下で敵であっても誇りを尊重し、恩義や節義を貴ぶ
    今も変わらぬ日本人の姿として継承していきたいものだな
    俺には到底無理だろうがせめて何かしら一つだけでも
    18:2015/06/17(水)18:22:55 ID:
    この話、日本兵も立派だけど米兵も立派だったと思うよ
    当時、彼ら、特に学の無い白人にとっては
    アジア系有色人種なんて半人間って認識だったろうからなおさら
    19:2015/06/17(水)18:26:40 ID:
    シナ戦線で中国軍は陣地を崩されると我先にと逃げるものだった
    ある時銃弾の中を負傷した仲間を背負って逃げようとするシナ兵がいた
    陸軍指揮官は射撃中止を命じ部隊は二人が逃げるのを待った
    これは戦後すぐの手記にある
    20:2015/06/17(水)18:28:57 ID:
    この米兵は本当に子供を保護したのか疑問に思わざるを得ない。
    何しろ沖縄戦では、非武装の民間人が穴に隠れていたのを
    わざわざ火炎放射器ぶち込んで皆殺しにしたのだからな。
    24:2015/06/17(水)18:36:07 ID:
    >>20
    ここは前線になるから穴から出ろと促した日本兵がいた話を
    穴から追い出した(自分が逃げるために)という暗示の映像と効果音で放送したNHKという犯罪放送局があった
    25:2015/06/17(水)18:38:02 ID:
    >>20
    そういう状況下だからこそ
    >>1のようなエピソードが貴重で感動的なんだと思う。
    仕事していて食ってるチョコを同僚と半分こするのは
    美談でもなんでもないけど
    雪山で飢え死にするかしないかの時に
    チョコを半分こするのは美談になる。
    21:2015/06/17(水)18:30:39 ID:
    井上和彦?
    22:2015/06/17(水)18:31:16 ID:
    日本兵が子供を先に行かせて、偵察してたのでは?
    23:2015/06/17(水)18:31:51 ID:
    個人と軍は別物ってことかね
    この兵士も命令なら子供を殺さざるをえないだろうし
    26:2015/06/17(水)19:03:37 ID:
    武士道といえば
    軍国主義政府は沖縄が攻められた時もう勝ち目はないのだから
    国民を敗戦に導いた責任とこれ以上国民の血を流さないために
    降伏し指導者は全員切腹すべきだった
    27:2015/06/17(水)19:17:22 ID:
    >>26
    戦犯として殺されてみせる役割の人も
    必要だったから必ずしも腹を切るのが正解では
    無かったと思う。
    28:2015/06/17(水)19:26:54 ID:
    >>26
    勝とうが負けようが
    開戦と同時に腹を切るべきだったがな
    条約破りは帝國の恥さらし
    29:2015/06/17(水)19:32:38 ID:
    >>28
    また国際連盟の不戦条約のお前か
    36:2015/06/17(水)20:33:54 ID:
    >>29
    はいよ、その通り
    ちなみに正論や展転社の本も好きで大抵読んだし
    謝罪決議反対デモにも参加しとるがな

    結局そこに行き着いてるのですよ
    30:2015/06/17(水)19:40:03 ID:
    死んでるだろ
    31:2015/06/17(水)19:43:56 ID:
    東條さんたちは天皇の身代わりになってくれた
    やはりそうゆう役割の人は必要だったよね
    32:2015/06/17(水)20:11:18 ID:
    >>31
    東條は東京裁判における自分の役割をわかってた
    33:2015/06/17(水)20:27:03 ID:
    >>32
    東條さんは遺書や東京裁判の宣誓供述書を残しており、当時の国際状況と日本の立場、それから日本国民が今後注意すべき事柄をはっきりと国民に示している。
    ちゃんとやるべきことをやって死んでいったと思うよ。
    問題は、そのことを現代の日本人が理解していなくて馬鹿な苦労をしてきたということ。
    34:2015/06/17(水)20:31:13 ID:
    >>33
    東條は平民の代表だからな

    戦争を煽った朝日新聞が許せん
    「弱腰東條 勝てる戦 なぜ戦わぬ」
    37:2015/06/17(水)20:50:14 ID:
    >>33
    ああいう論陣を開戦と同時に
    世界に向けてやるべきだったと思う

    スターリンやヒトラーですら開戦時に
    どれほどの労力で自国を弁護した事か
    35:2015/06/17(水)20:32:24 ID:
    永田鉄山だったらどうだっただろうか。開戦回避していただろうか。
    38:2015/06/17(水)20:53:33 ID:
    パリ不戦条約を破ったのは、ソ連邦が最初。
    次がナチス・ドイツ。
    日本は、国際連盟の要請に基づいて治安維持活動をしていただけ。
    39:2015/06/17(水)20:54:33 ID:
    >>38
    シナの第二次上海事変も是非入れてくれ
    40:2015/06/17(水)21:02:32 ID:
    >>39
    その前に盧溝橋事件や広安門事件などがあるね。
    通州事件や済南事件などの居留民虐殺もあるし、共産パルチザンの謀略は許せない。
    41:2015/06/17(水)21:04:51 ID:
    アメリカ人って天使と悪魔が混在しててカオスですよね
    43:2015/06/17(水)21:13:28 ID:
    >>41
    アメリカ人には二種類いる。
    大義名分を利用して利益を得ようとする人間と
    大義名分を本気で信じて正義を実行しようとする人間。
    44:2015/06/17(水)21:14:21 ID:
    >>43
    ほんとそれ
    たぶん1割はサイコ
    45:2015/06/17(水)21:19:32 ID:
    >>41
    妙な理想主義があったりやっぱり屑かと思わせたり
    46:2015/06/17(水)21:39:02 ID:
    >>45
    完璧な国ではないけど、日本が同盟を組む相手としてはなかなかいいんじゃないかな。
    42:2015/06/17(水)21:11:59 ID:
    リンドバーグの戦時日記を翻訳して教材に使うと良いよね。
    戦争が如何に人を狂わせるか、実例が豊富www
    47:2015/06/17(水)21:49:11 ID:
    いや、日本だから合わせられるだけでどこにとっても迷惑でしょ。
    世界最大の国力持ってるから勝ち組になるにもつるんでおいて損はないし。
    48:2015/06/17(水)21:51:45 ID:
    イギリスは紛うことなくクズ国家だけどな




    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。