相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2014.12.29 09:01 |カテゴリ:国内コメント(0)

【京都】 コンビニ強盗が半減(前年同期比) タクシーの休憩所として深夜の駐車場を開放 「ミッドナイト・ディフェンダー作戦」の効果


http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsalpha/1419731383/l50


1 :擬古牛φ ★ 2014/12/28(日) 10:49:43.12 ID:???


★タクシー休憩に開放、コンビに強盗半分に 京都

 コンビニ強盗を防ぐため、京都府内で深夜のコンビニ駐車場をタクシーの休憩所として開放する取り組みが効果を上げている。
昨年9月の開始から1年間に発生した府内のコンビニ強盗は13件で、前年の同時期より48%減少した。
府警は「強盗犯が運転手を気にして犯行を諦めた可能性が高い」と手応えを語る。

 取り組みは「ミッドナイト・ディフェンダー作戦」と題し、コンビニは府内の半数となる約500店、
タクシーは9割を超える約8400台が参加している。

 店舗に掲示された「警戒強化中」などのチラシが目印で、
店員が少なく犯人に狙われやすい午後10時~午前7時を休憩所として開放している。

 府警によると、昨年9月以降、同作戦の参加店舗を狙った強盗事件の発生は4件(前年18件)に減り、
特に午前3~5時の時間帯で発生が減少した。一方、不参加の店舗は被害が9件(同7件)に増えたという。

 京都市西京区でコンビニを経営する大内泰之さん(60)は
「短時間でも店に寄ってもらえると安心感につながる。深夜のスタッフが少ない店は特にありがたいはず」と話す。
府警がタクシー会社に行ったアンケートでも「休憩場所が確保できて助かる。
犯罪防止にも貢献できてうれしい」などの意見が寄せられた。

 府警生活安全企画課は「駐車場が狭い店では駐車スペースが減るなどの課題はあるが、
防犯効果を丁寧に説明し、協力店を増やしたい」としている。

京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20141228000014

関連する記事







2 :名無しさん@15周年 2014/12/28(日) 10:56:27.83 ID:6mjU3OCPn


なるほどなぁ。


3 :名無しさん@15周年 2014/12/28(日) 17:32:19.37 ID:rxDpfxOHx


和田アキ子のポスターでOK


4 :名無しさん@15周年 2014/12/29(月) 00:18:30.15 ID:ltaqouuvj


すき家でやれ




アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL