相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.08.17 11:38 |カテゴリ:国内コメント(0)

    日テレ・笹崎アナ 内定取り消し騒動、提訴は「自分の意思で」



    ana.png


    ホステスのアルバイト経験を理由に内定取り消し騒動があった日本テレビの新人、笹崎里菜アナウンサー(23)を16日、スポニチ本紙が直撃した。入社後、単独インタビューを受けるのは初めて。入社を求めて提訴した当時の気持ち、夢のアナウンサーとなった現在について語った。9月からは情報番組「シューイチ」(日曜前7・30)で初めてのレギュラーを務める。

    ↓続く↓

    関連する記事





    東京・汐留の同局で、「シューイチ」の生放送の見学を行った笹崎アナ。黒髪にワンピースの清楚(せいそ)な姿で、背筋を伸ばしてスタジオを見つめていた。

     担当するのは、エンタメ情報コーナー「SHOWBIZ」。入社3年目の先輩、安村直樹アナ(26)と芸能情報を伝える。「日曜の朝の顔」の一人になることについて、「最初はフワフワしていましたが、だんだん実感がわいてきました」とほほえんだ。

     困難を乗り越えてここまで来た。13年9月、日テレのアナウンサーに内定。だが、東京・銀座のクラブでのアルバイト経験を報告すると、内定を取り消された。「これからどうしよう?と人生を真剣に考えたときに、やっぱりアナウンサーになりたいという気持ちを再確認しました。行動しようと思いました」と振り返る。そして、予定通りの入社を求め、地位確認を求めた訴訟を東京地裁に起こした。

     今年1月に局側と和解し、4月に入社。「人と関わる仕事をしたい、という願いがかないました。課題も多いですけど、ひとつずつクリアしたい」としみじみ。

     「提訴は誰かと考えた?」と聞くと、「自分のことなので、自分で決めて、自分の意思で取った行動でした」とまっすぐに見つめ返した。

     日本一有名な新人アナとなり、常に注目を集める存在となったが、「自分では気にしていないし、気にしてもしようがないと思ってるんです。特に今は仕事に必死で、どう見られているか正直頭が回らない状態です」とニッコリ。

     ただ「実は最初、アナウンサー室に入るのに、とても緊張したんです」とも明かした。だが、先輩との交流で打ち解けた。「いろいろアドバイスをもらっているうちに距離も縮まりました。優しい方ばかりで、今はとても充実しています」と大きな瞳を輝かせる。

     「シューイチ」の初登場は9月6日。「しっかり研究してデビュー日を迎えたい」と新たな一歩へ意気込んでいる。


    ↓この記事内の反応↓

    ・清楚には無理がある。

    ・この人だけって訳じゃないけど、女子アナって芸能人なのですか? 特に局アナは会社員だと思うのですが…。メディアが持上げすぎではないかな、と思う今日この頃。

    ・でも、数年でフリーになる。アナウンサーはこれが不思議。入りたい会社ではないのか。

    ・ここまで図太く意思が強いならアナウンサーになる必要性がない気がするけどな。お水や起業した方が良いと思う。
    同期の尾崎アナとの扱いの差がヒドい気がするけど、この騒動でニュースや報道番組には使えないだろうね。

    ・日テレの番組で密着されてるけど他のアナウンサーの新人よりアナウンサーとしては3歩くらい遅れてる感じ。ビジュアル要員なんでしょうね。


    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。