相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連する記事







    アクセスランキング ブログパーツ
    2015.08.17 21:50 |カテゴリ:海外コメント(0)

    【話題】コーンフレークは性欲抑制の為に開発された食品だった![2015/08/17]



    1:2015/08/17(月)19:31:05 ID:
    ロケットニュース24
    【仰天】コーンフレークは性欲抑制の為に開発された食品だった!
    ゴールド土方

    朝食の定番としてお馴染みのコーンフレーク。一見なんの変哲もない食品だが、実は性欲を抑制させるための食品として開発されたということをご存知だろうか? 

    コーンフレークと性欲。一見なんら関連性がないように見える二つ。その謎を解くカギを握るのが、コーンフレーク開発者のケロッグ博士だ。彼は一体何者だったのか? 彼が開発に込めた思いとは? その謎に……迫る!

    ・独特な医学論を持っていたケロッグ博士
    米ミシガン州バトルクリーク療養所の医局長だったケロッグ医師は、消化器官の問題が多くの病気の原因という考えのもと、食事療法などを積極的に取り入れた治療を行っていた。

    ただ現代の医学とくらべると、トンデモ要素も多かったようだ。例えばヨーグルト浣腸に対して厚い信頼を寄せていたようで、「ヨーグルト浣腸で癌から躁鬱病まで、様々な病気を癒した」と豪語するほどだった。

    ・極度の禁欲主義者でもあった
    そんなケロッグ氏だが、「性行為、特に●慰行為(※)が様々な精神病の原因である」という持論を持っていた。そこで “質素な食事 → 性欲ダウン → 精神の安定” というロジックで、質素な食事を開発しようとしていたところ、コーンフレークの発明に至ったというわけなのだ。

    いってみれば、彼にとってコーンフレークは精進料理のようなものだったのである! 彼の理論が正しかったかはわからないが、いつも何気なく食べているコーンフレークにそんな開発秘話があったなんて……驚きだ。

    ・食事療法にとどまらず様々な無茶ぶりをするようになる
    ちなみにケロッグ氏、ここまでだったら、古風で厳格なおじさん止まりなのだが、彼は親の仇か? というくらいに●慰行為(※)を目の敵にしていたようで、かなり無茶なことを推奨していた。

    その無茶ぶりは、彼が著作した『Plain Facts For Old And Young』でも確認することができるのだが、ここでは幾つかの発言をピックアップしたので紹介しよう。

    「割礼(男性のあそこの皮を切除する手術)をするときは、あえて麻酔を使わない方がよい。手術中、そして術後の痛みが脳に焼きつくことで、性行為と罰を結びつけられるようになるからだ」

    「男性のあそこに針金を縫い付けることで、エキサイトしてしまっても、すぐに痛みでもとに戻ることができる」

    「女性の禁欲のために、酸をあそこに塗るのがいい。これでよこしまな気持ちを追いやることができる」

    どうだろう? 「なんてことを言ってるんだ、この人は……」と思われたのではないだろうか。拷問ばりの荒療治である。
    (以下略)
    詳細のソース
    http://rocketnews24.com/2015/08/17/618528/

    関連する記事





    2:2015/08/17(月)19:39:34 ID:
    セブンスデー・アドベンティスト教会で奨励する健康食の概念が形になった食べ物だな。
    3:2015/08/17(月)19:40:14 ID:
    >>2
    グルテンミートと言う謎の食い物とか推奨してたな、あそこ
    4:2015/08/17(月)19:41:01 ID:
    > いってみれば、彼にとってコーンフレークは精進料理のようなものだったのである!

    まあ牛乳とコーンフレークだけなら精進料理みたいなもんだな
    5:2015/08/17(月)19:43:05 ID:
    コーンフレーク=ダイエット食のイメージですが……
    6:2015/08/17(月)19:44:48 ID:
    乳酸菌を生きて腸に届かせるなら浣腸か
    天才じゃねーか
    7:2015/08/17(月)19:49:17 ID:
    アメリカのシリアル食。とても食欲がわかない。


    8:2015/08/17(月)20:12:07 ID:
    その割りに奴らがデブばっかりなのは
    何で何だぜ?
    9:2015/08/17(月)21:12:00 ID:
    >>8
    「コーンフレークばくばく食った、これで野菜は摂れた、よしハンバーガーとピザとアイスクリーム食おう」
    10:2015/08/17(月)21:14:58 ID:
    コーンに罪はない。
    ケロッグ博士にはあるかもしれない。
    11:2015/08/17(月)21:21:21 ID:
    こーんなもの食うから太るんだよ…なんちてなんちて。
    12:2015/08/17(月)21:22:13 ID:
    子供の頃、コーンフレークって謎の食べ物だった
    そのまま食べても不味いし、牛乳かけても不味いし
    後にヨーグルトに入れたりパフェに入れたりみたいな使われ方を知ったけど、あれも無きゃ無いで何も困らないし
    13:2015/08/17(月)21:23:43 ID:
    その割にシリアル大国アメリカでは
    少なくとも日本より性犯罪は多発してますがね
    14:2015/08/17(月)21:29:06 ID:
    遺伝子組み換えトウモロコシなら
    種できない。
    15:2015/08/17(月)21:37:22 ID:
    ケロッグ博士の映画を見よう
    16:2015/08/17(月)21:38:36 ID:
    トウモロコシはゆでたり焼いたりして食った方がうまい。
    特に焼いて醤油をつけたときの香ばしさはよだれが出るほどだ。
    17:2015/08/17(月)21:40:32 ID:
    どんだけ自慰行為を敵視しとるんよw
    親が厳しすぎたんか?
    18:2015/08/17(月)21:41:36 ID:
    つまりフライパンでコーンフレークを炒って醤油をちょっとたらしたら美味しいとな?
    19:2015/08/17(月)21:44:35 ID:
    中南米のトウモロコシ文化を馬鹿にしてんのか


    アクセスランキング ブログパーツ
    全カテゴリの過去記事ランダム
    Powered by 複眼RSS
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。