相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2015.08.18 15:00 |カテゴリ:中国コメント(0)

【話題】日本と中国が歴史観で分かり合えぬ根本理由 [H27/8/17]



1:2015/08/17(月)10:58:43 ID:
日本と中国が歴史観で分かり合えぬ根本理由
「日本のせいで遅れた」というコンプレックス
西村 豪太 :週刊東洋経済 記者 2015年08月17日

(略)

■ 「日本の罪がいちばん重い」という中国の見方 

 もっとも、中国の人口の多さを考えれば、世界経済での中国のシェアが2~3割程度あるのは当然ともいえる。
それを長年にわたり妨げてきたのが列強の侵略であり、最も長期間にわたり中国と戦火を交えた日本の罪が
いちばん重いという見方が中国には根強い。

 1930年代には中国でも上海を中心とした長江下流域で工業化が進み、日本の1900年代初頭の水準に
達していたとする研究もある。そうした近代化の芽が1937年からの日中戦争で摘まれ、
経済発展が決定的に遅れたという思いが、中国が日本に抱く怒りの根底にある。中国人が日本経済を見る目にも、
そうした屈折があることは知っておくべきだ。

 そこから「強国」への道を再び開いたのが共産党だというのが、現在の中国を動かすストーリーである。
共産党統治を支持しない人でも、「中国の近代化を日本が妨げた」という認識はだいたい持っていると見ていい。
「いまや最盛期に復帰しつつある」という中国人の自信が、対外的な強硬姿勢につながりやすいのは容易に想像がつく。
その最大のターゲットである日本が、中国が抱える被害者意識を刺激することは、非常に危険なことだということは覚えておいたほうがいい。

 いまや中国は日本の貿易総額の2割を占めるダントツの経済パートナーで、ビジネスパーソンには彼らと付き合わない
という選択肢はない。13億人もいるだけに、同じ中国人といっても多種多様の考え方をする人がいるのは当たり前のこと。
それでも、彼らに共通する行動様式や思考のパターンはある。とくに歴史や文化を押さえたアプローチをしてこそ、
中国人のつぼを押さえることができる。彼らと堂々と渡り合うためには、そうしたポイントをしっかり学んでおくことが肝要だ。

全文 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/80667
http://toyokeizai.net/articles/-/80667?page=2

関連する記事





2:2015/08/17(月)12:59:32 ID:
中国は日本の貿易総額の2割を占めるダントツの経済パートナー?

ビジネスパーソンには彼らと付き合わないという選択肢はない?

冗談は寝てから言って欲しいなぁ。

中国から資本が逃げ出している現状を短期的だと見てる人間もいるのか。

中国の統計が信用できるなんて余程に心臓が強いと見えるw
4:2015/08/17(月)13:31:46 ID:
>>2
まあ東洋経済だしな
7:2015/08/17(月)14:08:43 ID:
>>2
どうでもいいけどこの「ビジネスパーソン」って表現イラッとくるなあ
3:2015/08/17(月)13:21:34 ID:
知能の差
5:2015/08/17(月)14:00:54 ID:
戦後数十年間自由だったくせに、中国はずーっと低迷してたよね。
それからネットのおかげで知ったけど、
中国大陸でも戦闘が終わり日本軍による治安維持が浸透してきたところは、
経済発展し人口も増えてたんだろ。
6:2015/08/17(月)14:04:57 ID:
歴史観以前の問題だ
嘘つきを重用するような連中とつきあえるかよ
それが中国でも、韓国でも、アメリカでも
8:2015/08/17(月)14:16:24 ID:
日本のせいでなく、猿人袁世凱のせいだが、日本のせいにすんなやシナチョン
9:2015/08/17(月)14:51:05 ID:
スレタイに東洋経済って入れてもらえないだろうか
10:2015/08/17(月)14:54:02 ID:
ODAで発展を妨げてしまってすまんな
今すぐ全額返済するのが発展への近道だぞ
11:2015/08/17(月)14:56:38 ID:
ODAでどっさり金もらったじゃん。

戦争で近代化が遅れるなら焼夷弾と原爆で
焼け野原にされた日本はどうなるの?

結局は人間の質なんだよ。
シナチョンは低質ってこと。
認めなきゃ、さw
12:2015/08/17(月)15:05:09 ID:
歴史が浅すぎる。
13:2015/08/17(月)15:12:45 ID:
1930年代って阿片戦争でぶん獲られた上海租界の黄金期だろw
14:2015/08/17(月)15:13:23 ID:
嘘つきの支那チョンとわかり会える国なぞないだろwww
15:2015/08/17(月)15:16:44 ID:
台湾の人は…
16:2015/08/17(月)15:41:32 ID:
天安門をみれば分かり合えないのがよく分かる
17:2015/08/17(月)15:47:46 ID:
いちいち向こうの要求に応えてやったのが仇になった結果だな…。
18:2015/08/17(月)16:17:26 ID:
文革は無かったことにされているんだな
19:2015/08/17(月)17:04:53 ID:
都合が悪いロシアの侵略や内戦にほとんど触れないのだから
日本への敵意しか残らなくて当然だろうな
20:2015/08/17(月)17:07:40 ID:
文革が原因だろ?
あれで国内の知識層や技術者を殺しまくったんだから。
21:2015/08/17(月)17:16:50 ID:
これはまだ仮説だが
一度社会主義になってしまった国は根幹が破壊されてしまって
二度と正常に戻れないのではないかと疑っている。
23:2015/08/17(月)18:52:14 ID:
>>21
歴史上、真の意味での共産革命はまだ起きてなくて
今ある共産主義は違うっていうシナ
理屈から言うと本物の共産革命は合衆国辺りで起きる気がするんだが
そもそも共産革命はマルクスも「例え」で紙の上で書いただけ説もあったような
27:2015/08/17(月)19:09:26 ID:
>>23
> 本物の共産革命は合衆国辺りで起きる気
ねーな
金持ちだけが新しい街を作って、高いフェンスで自分の街の周りを囲って、その出入り口に武装警備員を置くような国でどうやって革命が起こせるんだ?
29:2015/08/17(月)19:16:22 ID:
>>27
そもそも「本当の共産革命」とはどんなものなのか、そしてその後にできる
本当の共産主義社会とはどんなものなのか、誰も説明できないからな。
それ「天国」と同じで、実在しない幻想だよ。
22:2015/08/17(月)18:43:58 ID:
満州の発展はロシアではなく日本の影響
満州なくして中国の発展なし
24:2015/08/17(月)19:05:42 ID:
そうじゃないだろ
昔の栄光だろ
25:2015/08/17(月)19:06:29 ID:
文革と大躍進だろう?
26:2015/08/17(月)19:08:24 ID:
魯迅が嘆いた事を得意がって、日本の紙クズが w
他に転嫁する阿Q、それがこの主張の中の支那人。
28:2015/08/17(月)19:15:02 ID:
日本の貿易相手国としては中国が1位だからな
中国なしでは日本経済が成り立たないのは事実
30:2015/08/17(月)19:32:25 ID:
特亜は嘘を信仰(笑)によって信望してるからなw

事実には屈しないアルニダ!!
31:2015/08/18(火)08:06:49 ID:
欧米列強から半植民地化され軍閥が跋扈してたのも
大躍進政策と文化大革命も知らないもんな
日中戦争の結果交渉することもなく統一国家を形成できた事実はかわらない
32:2015/08/18(火)08:08:24 ID:
単に歴史を政治利用してる中国
そうでない日本
ってだけ
当然分かり合おうなんて努力無意味w
33:2015/08/18(火)11:05:37 ID:
役人が資本を吸い上げて西側の物資に変えちゃうからだろ
成り上がりを許さない風土だし、クリエイティブな仕事を蔑視するし
古代からずっとそんな感じ
34:2015/08/18(火)11:07:07 ID:
日本は事実から来る歴史
だから、謝ればそれで終わる



中国は捏造からくる歴史
だから、謝れば捏造を真実と証明させたことになり、嘘→謝る→嘘が真実になる→これは真実だからもっと謝罪をしろ
となるわけだ
35:2015/08/18(火)11:10:26 ID:
特亜の歴史は、抗日・反日をもとに政権の正当性を主張するためだけに作られた歴史だからな
36:2015/08/18(火)11:21:36 ID:
遅れるも何も近代化をずっと拒絶、というか逆行ばかりで
その転換が行われたのは改革開放以降の1980年代なんですけど
37:2015/08/18(火)12:14:11 ID:
韓国を見てみろよ
38:2015/08/18(火)12:31:51 ID:
積極的に挑んだ工業化に完全に失敗し、
少なくとも数世紀の農耕国が確定事項だった支那朝鮮を、
力技によりハイコスパな工業国にし、現在の安保危機を主導したのが、
他でもない現在安保危機を煽ってる政党。


アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL