相互リンクサイト・アンテナサイトRSS
当ブログ最新記事
2015.09.10 11:52 |カテゴリ:オカルトコメント(0)

【元少年A】酒鬼薔薇聖斗のホームページ


sakakibara.png


ギャラリー閲覧注意(引用元は無関係です)


平成9年に神戸市須磨区で発生した連続児童殺傷事件の加害者の元少年が、自身の公式ホームページ(HP)を立ち上げたと、10日発売の週刊文春や週刊新潮が報じた。

 両誌の報道によると、先月末に「元少年A」から手紙が届いた。「少年Aから本誌への手紙」と題した文春の記事によると、手紙の最後に「いろいろ思うところがあり、急遽(きゅうきょ)ホームページを開設しました」「今後はこのホームページを基盤に情報発信をしていく所存です」と書かれ、URLが記されていたという。






産経新聞が確認したところ、「存在の耐えられない透明さ」とのタイトルが記されたHPに、元少年の身長や体重、出身地などのプロフィルを掲載。「セルフポートレートシリーズ」と題した、本人とみられる顔が隠れた写真なども載っていた。

 また、6月に太田出版(東京)から出版された元少年の手記「絶歌」について、「少年Aについて知りたければ、この一冊を読めば事足りる」などと記した宣伝と受け取れる文章があった。被害者遺族への謝罪はなかった。

 産経新聞はHPに記されているメールアドレスにメールを送り、取材を申し込んでいる。

 元少年の手記「絶歌」をめぐっては、被害者遺族に無断で出版し、多額の印税を手にすることなどに対して、出版の「良識」を問う声も強く上がり、書店や図書館では販売や貸し出しを自粛する動きが相次いだ。



↓この記事内のコメント↓

・偏見かもしれないが・・・この人なにか他にやらかすんじゃない?

・遺族は民事訴訟できないんですかね?慰謝料とか。お金の問題じゃないかもしれませんが、それしか解決法がないわけですし。

・かなり控えめに言っても、心底くるってる。

・俺が被害者の親なら見つけ出して復讐するけどな。


アクセスランキング ブログパーツ
全カテゴリの過去記事ランダム
Powered by 複眼RSS
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL